宮本監督の“大胆采配”実った! 背水G大阪がC大阪とのダービー制して2か月ぶり勝利

宮本監督の“大胆采配”実った! 背水G大阪がC大阪とのダービー制して2か月ぶり勝利
G大阪が1-0でダービーを制した

[5.18 J1第12節 G大阪 1-0 C大阪 パナスタ]

 J1第12節が18日に行われ、暫定18位のガンバ大阪はホームで同11位セレッソ大阪との“大阪ダービー”に臨み、1-0の勝利を収めた。後半10分に生まれたMF倉田秋のゴールが決勝点。3月17日の第4節・川崎F戦(1-0)以来、リーグ戦8試合ぶりの白星を挙げ、残留圏内の14位に浮上した。また、これが今季ホーム初勝利となっている。

 ここ7試合勝利がなかったG大阪は前節・鳥栖戦(1-3)からスタメン5人を変更。J1デビューとなるルーキーDF高尾瑠(22)、プロ2年目のDF福田湧矢(20)、プロ3年目のMF高江麗央(20)と若手3選手を抜擢し、3-3-2-2の布陣で臨んだ。

 一方、2連勝中のC大阪は前節・横浜FM戦(3-0)から先発を2人チェンジ。同試合で全治8か月の大怪我を負ったFW都倉賢に代わってFW高木俊幸が3試合ぶりにスタメン復帰し、4-4-2の2トップに入った。

 この試合を迎える前のリーグ戦通算対戦成績はG大阪の22勝5分9敗。先にビッグチャンスを作ったのは、昨季2連敗のC大阪だった。前半10分、高木がロングパス1本で裏へ抜け出し、PA内右でGK東口順昭と1対1の状況になる。右前方に持ち出して右足でシュートを放つが、体を伸ばして食らいついた東口に阻まれた。

 G大阪も直後の同13分、相手の隙を突いて決定機を創出。DFマテイ・ヨニッチのバックパスを読んでいたFWファン・ウィジョがボールをかっさらい、PA内左でGKキム・ジンヒョンとの1対1を迎える。しかし、右足で股下を狙ったシュートはブロックされた。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. ガンバ大阪 井手口陽介
  2. ガンバ大阪 倉田秋
  3. ガンバ大阪 宮本 恒靖
ゲキサカの記事をもっと見る 2019年5月18日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「ガンバ大阪 + 宮本 恒靖」のおすすめ記事

「ガンバ大阪 + 宮本 恒靖」のおすすめ記事をもっと見る

「ガンバ大阪 + 遠藤保仁」のおすすめ記事

「ガンバ大阪 + 遠藤保仁」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「大宮アルディージャ」のニュース

次に読みたい関連記事「大宮アルディージャ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。