J2ストライカー“頂上決戦”はイ・ヨンジェに軍配! 中野誠也も本拠地デビューの岡山が1-0で琉球を下す

J2ストライカー“頂上決戦”はイ・ヨンジェに軍配! 中野誠也も本拠地デビューの岡山が1-0で琉球を下す
決勝点をマークした岡山FWイ・ヨンジェ

[5.19 J2第14節 岡山1-0琉球 Cスタ]

 J2第14節が19日に開催され、暫定15位のファジアーノ岡山はホームで同9位のFC琉球に1-0で勝利した。後半9分にFWイ・ヨンジェがPKで決勝点をマーク。連敗を2で止め、4試合ぶりの白星を手にした。

 前節終了時点で9ゴールを挙げて得点ランク首位に立つ琉球FW鈴木孝司と、8ゴールで同2位の岡山イ・ヨンジェによる9番対決にも注目が集まった一戦。試合前には4月度のJ2月間MVPに選出されたイ・ヨンジェの受賞セレモニーが実施された。

 最初に大きなチャンスを迎えたのは琉球。前半10分にDF西岡大志がPA内右からクロスを送り、鈴木が胸トラップから右足のボレーを見せる。しかし、ゴール左隅へのシュートはGK一森純に弾き出された。

 前半18分には岡山のMF武田将平がゴール前に浮き球のパスを出し、MF仲間隼斗が潰れて流れたボールにFW福元友哉が反応。だが、至近距離から左足で打ったシュートはクロスバーを越えた。

 そこから続いた岡山の攻勢をしのいだ琉球は、前半39分に再び決定機を迎える。相手のクリアボールがPA内中央へ飛び、鈴木が寄せてきたDFよりも先に右足でボレーシュート。しかし、またしてもGK一森のビッグセーブに遭い、均衡を破ることはできない。

 後半の立ち上がりには琉球GKカルバハルも魅せる。開始1分、岡山の仲間が左サイドをえぐり、折り返しからフリーのMF

あわせて読みたい

気になるキーワード

ゲキサカの記事をもっと見る 2019年5月19日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「V・ファーレン長崎」のニュース

次に読みたい関連記事「V・ファーレン長崎」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「京都サンガF.C.」のニュース

次に読みたい関連記事「京都サンガF.C.」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「東京ヴェルディ」のニュース

次に読みたい関連記事「東京ヴェルディ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。