「GKのポジショニングが…」京都の“スーパー仙頭”、冷静シュートで3戦連発!

「GKのポジショニングが…」京都の“スーパー仙頭”、冷静シュートで3戦連発!
3試合連続ゴールを決めた京都MF仙頭啓矢

[5.19 J2第14節 町田2-2京都 町田]

 京都サンガF.C.のMF仙頭啓矢は1-2で迎えた後半37分、味方のロングスルーパスに抜け出すと、相手GKとの1対1を冷静に制して同点ゴールを奪った。これで3試合連発。この日もアウェーゴール裏に『スーパー仙頭』の横断幕がはためいたが、まさしく“スーパー”の名にふさわしい結果を残し続けている。

 ここまで3試合無敗の京都は後半21分、ホームの町田に勝ち越しゴールを奪われる苦しい展開。だが、そんな窮地を救ったのがプロ3年目の24歳だった。同37分、FWジュニーニョのスルーパスにいち早く反応すると、自慢のスピードを生かしてラインブレイク。相手ディフェンスを避けて右にコースを取り、冷静にゴール左隅に流し込んだ。

「相手が食いついてきて裏が取れることは分かっていたし、ドリブルでGKの前まで運んで行こうかなと思っていたけど、GKのポジショニングが悪いのは分かっていた」(仙頭)。シュートシーンで光ったのはタイミング。ドリブルしながらもGK増田卓也の位置を見て、空いているコースを狙っていたという。

 これで第12節・横浜FC戦(○3-1)、前節の岡山戦(○2-1)に続いて3試合連続ゴール。仙頭が第11節で先発復帰してから負けなしが始まっており、好調のけん引役となっているのは間違いない。そんな仙頭が担う右サイドハーフは、左サイド偏重で攻撃を組み立てる京都において、あえて“孤立”することで持ち味を活かせるポジションだ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ゲキサカの記事をもっと見る 2019年5月19日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ファジアーノ岡山」のニュース

次に読みたい関連記事「ファジアーノ岡山」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ザスパクサツ群馬」のニュース

次に読みたい関連記事「ザスパクサツ群馬」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「モンテディオ山形」のニュース

次に読みたい関連記事「モンテディオ山形」のニュースをもっと見る

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。