田川痛恨OGも“ハマのプリンス”山田が同点ゴール!! U-20日本代表、南米王者と決死のドロー

田川痛恨OGも“ハマのプリンス”山田が同点ゴール!! U-20日本代表、南米王者と決死のドロー
MF山田康太(横浜FM)が同点ゴール

[5.23 U-20W杯グループB第1節 U-20日本代表 1-1 U-20エクアドル代表]

 U-20日本代表は23日、U-20ワールドカップのグループリーグ第1戦でU-20エクアドル代表と対戦し、1-1で引き分けた。

 日本は4-4-2のシステムを採用し、2トップはFW田川亨介(FC東京)とMF斉藤光毅(横浜FC)。右サイドハーフにMF郷家友太(神戸)、左にMF山田康太(横浜FM)という布陣で初戦に臨んだ。[スタメン&布陣はコチラ]

 主将のMF齊藤未月(湘南)が豊富な運動量でカバーし、ボールを奪い切るなど球際でタフに戦い、左サイドバックのDFディエゴ・パラシオスにはDF菅原由勢(名古屋)が対応。ボールをつな具よりもロングボールが多くなり、なかなか攻撃の形をつくれなかったが、28分に前半最大のチャンスを迎える。

 右後方から菅原がロングボールを入れ、抜け出した斉藤が入れ替わってエリア内に侵入。GKと1対1の局面を迎え、右足で浮かせたシュートは無人のゴールに向かったが、相手DFにぎりぎりでクリアされ、惜しくも先制機を逸した。その後はエクアドルに攻め込まれ、FWレオナルド・カンパーナらにシュートを打たれるが、瀬古歩夢(C大阪)らDF陣が体を投げ出してブロックした。

 前半終了間際までスコアレスで耐えたが、痛恨のオウンゴールで失点。山田が相手を倒してFKを与えると、MFアレクサンデル・アルバラドが右足でクロス。飛び出したGK

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る 2019年5月27日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。