ユース取材ライター陣が推薦するインターハイ予選注目の11傑vol.4

ユース取材ライター陣が推薦するインターハイ予選注目の11傑vol.4
安藤氏が注目するFW西川潤(桐光学園高)

特集企画「ユース取材ライター陣が推薦する『インターハイ予選注目の11傑』」

 ゲキサカでは、熱戦展開中の令和元年度全国高校総体(インターハイ)「感動は無限大 南部九州総体2019」サッカー競技(沖縄)都道府県予選の注目選手を大特集。「インターハイ予選注目の11傑」と題し、ユース年代を主に取材するライター陣にインターハイ予選注目の11選手を紹介してもらいます。第4回は“ユース教授”ことサッカージャーナリストの安藤隆人氏による11名です。


安藤隆人氏「今年もインターハイ予選が各地で開幕した。今回もフォーメーションに当てはめて、「自分が監督ならこういう布陣をやってみたい」という考えでメンバーをセレクトしてみた。ただ、今回は、学年縛りなど設定をせずに、現時点で自分がベストと思える選手を選考。フォーメーションは4-1-2-3。攻撃力を前面に出したメンバー構成で、多彩で何重もの分厚い攻撃を仕掛けられるドリームチームに仕立ててみた」

西川   染野   渡邉
  武田    松村
     重見
石井 高橋  藤原 藤吉
     中川

以下、安藤氏が推薦する11人
GK中川真(徳島市立高3年)
「188cmの長身GKをセレクト。ハイボールの強さと反応の鋭さを見せる彼は、DFラインの裏のスペースもカバーできる。このポジションは帝京長岡高の猪越優惟と迷ったが、ここは中川をチョイスした」

DF藤吉玲依(北越高3年)
「右サイドバックとしてスピードはもちろん、高さも兼ね揃えていることが魅力。タイミングの良い仕掛けと、高さと強さを生かしたディフェンスで、ゴール前で勝負強さを発揮する渡邉と染野の能力を引き出してほしい。彼のクロスがこのチームの得点源の1つとなる。ここはスピード溢れる突破が魅力の

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る 2019年5月25日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。