神村学園が「柔よく剛を制す」で出水中央を撃破、3連覇で全国一番乗り

神村学園が「柔よく剛を制す」で出水中央を撃破、3連覇で全国一番乗り
神村学園高が全国大会出場一番乗りを果たした

[5.25 インターハイ鹿児島県予選決勝 神村学園高 3-0 出水中央高 ]

 令和元年度全国高校総体(インターハイ)「感動は無限大 南部九州総体2019」サッカー競技(沖縄)の鹿児島県予選の決勝戦が25日に行われ、神村学園高が3-0で出水中央高を破り、3連覇を飾った。神村学園は全国大会出場一番乗り。全国大会は7月26日に開幕する。

 技術と戦術理解に定評のある神村学園に対し、県内随一の運動能力を誇る出水中央の一戦は、互いに持ち味の出る試合となった。試合の立ち上がりは、ともにチャンスがあった。神村学園は、前半5分にMF濱屋悠哉(3年)が鋭いミドルシュートを飛ばし、前半9分にも右MF野辺滉生(3年)のクロスを左MF樋渡鯉太郎(3年)が折り返し、濱屋がシュートを放つ好機を作り出した。出水中央は、前半3分に推進力のあるFW松山正利(3年)がシュート。前半12分には身体能力の高いMF大村龍之介(3年)のロングスローで押し込み、こぼれ球を右DF森優伍(3年)がミドルシュートを狙った。

 スコアが動いたのは、前半18分の給水を過ぎてからだった。前半23分、出水中央は木場駿之介(3年)のパスで抜け出した大村が決定機を迎えたが、シュートはクロスバーの上。さらに1分後、MF谷本啓斗(2年)の縦パスから松山がドリブルで相手を引きつけ、スルーパスに抜けた大村がシュートを放つ場面があったが、相手のブロックに防がれた。

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る 2019年5月25日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。