J1クラブも注目のFW吉長真優は、ピッチで誰よりも楽しんで成立学園を全国へ

J1クラブも注目のFW吉長真優は、ピッチで誰よりも楽しんで成立学園を全国へ
成立学園高の注目エースFW吉長真優

 ピッチで誰よりも楽しんでチームを勝たせる――。令和元年度全国高校総体(インターハイ)「感動は無限大 南部九州総体2019」サッカー競技(沖縄)東京都予選は25日、19校による2次トーナメントが開幕した。5年ぶりの全国出場を狙う成立学園高は、26日の初戦で修徳高と対戦。J1クラブも注目するエースFW吉長真優(3年)は、楽しみながら自分のストロングポイントを発揮し、チームを全国へ導く。

 元日本代表MFの宮内聡総監督が「これからグッと伸びてくるんじゃない?」と期待するアタッカーだ。宮内総監督は自身の教え子で例えると、FW大津祐樹(横浜FM)のような器用さがあると分析。その吉長は成立学園の練習に参加した大津のシュートなどを見てプロの凄さを実感し、より高いレベルを目指してトレーニングに励んできた。

 1年時からメンバー入りしてきたFWは、高校3年生になって注目度が上昇。本気でプロを意識するようになったという。現在、感じている強みは、DFラインの背後へ抜けてからのシュートやチャンスメーク、また中盤に落ちて攻撃をコントロールすることもできるところ。24日の紅白戦でもゴールをアシストするなど攻撃力を発揮していた。

 こだわっているのは「楽しみながらサッカーをすること」だ。「自分としては人がどうこうよりは、自分がサッカーをどれだけ楽しめるかで自分が輝けるところがあるのかなと思っていて、楽しめていない時は自分も全然良くなくて、楽しめている時が一番ストロングポイントが出ている時なので、それだけは負けたくないなと思っています。どんなに辛い練習でもどういうふうに考えて楽しめるかで、その練習の内容が変わってきたりするので意識していました」。誰よりも楽しんでプレーすること。3年間意識してきたことをインターハイ予選でも表現する。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ゲキサカの記事をもっと見る 2019年5月26日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「鎌田大地」のニュース

次に読みたい関連記事「鎌田大地」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「李忠成」のニュース

次に読みたい関連記事「李忠成」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「森本貴幸」のニュース

次に読みたい関連記事「森本貴幸」のニュースをもっと見る

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。