三重の4連覇を阻止。高専チーム初の全国を狙う近大高専が粘り勝ちで三重4強進出

三重の4連覇を阻止。高専チーム初の全国を狙う近大高専が粘り勝ちで三重4強進出
PK戦勝利を喜ぶ近大高専イレブン

[5.25インターハイ三重県予選準々決勝 三重高 1-1(PK2-4)近大高専 伊勢フットボールヴィレッジ]

 令和元年度全国高校総体(インターハイ)「感動は無限大 南部九州総体2019」サッカー競技(男子)の三重県予選準々決勝が25日に行われ、3連覇中の三重高と近大高専が対戦。両者譲らずPK戦までもつれた一戦は近大高専が勝利した。近大高専は6月1日の準決勝で海星高と対戦する。

 初戦で昨年度のインターハイ出場校である伊賀白鳳高を撃破したのに続き、今度は大会3連覇中の三重に粘り勝ち。高専チームとして初の全国大会出場を狙う近大高専が2年連続でのベスト4進出を果たした。

 昨年も全国出場を懸けた決勝リーグの最終節で三重と対戦したが、0-5で完敗したため、「めちゃくちゃ悔しかったので、今日は絶対に三重高に勝つぞという気持ちを全員が持っていた」(DF宇利友樹、3年)。この日も立ち上がりから、DF小嶋奏(3年)を中心としたボール回しから縦を狙った三重のペースで試合が進んだ。だが、「ミスは自然と出てくるので、相手にボールを持たせてショートカウンターを狙っていた」(亀井俊彦監督)という近大高専は、統率のとれた守備でしっかり対応。FW山口海斗(3年)を中心に狙い通り少ないチャンスをきっちり相手ゴール前まで持ち込むと、前半8分には左CKのこぼれ球をDF百地京平(3年)が頭で押し込み、先制した。

 以降も落ち着いた守りで三重に決定機を与えず試合を進めたが、前半終了間際に同点ゴールを献上してしまう。三重はDF

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る 2019年5月26日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。