微妙なジャッジに猛抗議も…湘南FW武富は“説明”に納得「しょうがない」

微妙なジャッジに猛抗議も…湘南FW武富は“説明”に納得「しょうがない」
西村雄一主審を取り囲む湘南ベルマーレの選手たち

[5.31 J1第14節 湘南1-2横浜FM BMWス]

 湘南ベルマーレFW武富孝介がピッチに倒れ込むと、プレーを流した西村雄一主審を多くの選手たちが囲い込んだ。2週間前を想起させる誤審疑惑に会場は一時騒然となったが、西村主審の説明を受けた選手たちは落ち着いた様子。手続きには疑問が残ったが、結果的に一大事を免れる形になったようだ。

 問題の場面が起きたのは前半27分、湘南はGK秋元陽太がロングキックを前線に送り込むと、空中戦を競り合ったFW指宿洋史とDFチアゴ・マルチンスが交錯し、ボールはそのまま最終ライン裏へ。武富がフリーで突破したが、ペナルティエリア際でカバーリング対応したDF畠中槙之輔に後方から倒された。

 接触は一定の強さであったように思われたが、西村主審はファウルを告げずにプレーを続行。ボールを拾ったGK朴一圭がボールをタッチラインに蹴り出すと、湘南の選手たちはこぞって西村主審を囲い込んだ。湘南は第12節の浦和戦でゴールを巡る誤審に苦しめられただけに、サポーターからも大きなブーイングが降り注いだ。

 しかし、西村主審は横浜FMエンド側の副審に歩み寄ると、その場でコミュニケーションを開始。空中戦での接触有無を西村主審から助言を受けたとみられる副審はすぐさま旗を上げ、オフサイドのジェスチャーをした。武富もその場で「オフサイド」という説明を受け、「明らかに引っかかっていたけど、オフサイドだったならしょうがない」と納得したようだ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ゲキサカの記事をもっと見る 2019年5月31日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ヴァンフォーレ甲府」のニュース

次に読みたい関連記事「ヴァンフォーレ甲府」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「アビスパ福岡」のニュース

次に読みたい関連記事「アビスパ福岡」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「清水エスパルス」のニュース

次に読みたい関連記事「清水エスパルス」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。