かつては冨安の相方も…初招集DF中山雄太「ボランチに信念」

かつては冨安の相方も…初招集DF中山雄太「ボランチに信念」
日本代表DF中山雄太(ズウォレ)

 東京五輪世代屈指のポリバレントプレーヤーが、ついにA代表へと上り詰めた。日本代表DF中山雄太(ズウォレ)は3日、合宿中で初めて囲み取材の当番を迎え、「呼んでいただいたことに感謝して、自分のプレーをできるようにしたい」と意気込みを語った。

 柏レイソルのアカデミーで育ち、高校時代は最終ラインから2列目のポジションまで多様な役割を経験してきた22歳。プロ入り以降は主にセンターバックでの起用が続いているものの、確かな技術と戦術眼はミッドフィールダーとしても遜色ない水準にある。

 実際、本人のこだわりも中盤にある。「いろんなポジションができるのは自分のアドバンテージだと思うが、いろんなポジションをやっているからこそいろんな角度から見てきた中では、やっぱりボランチに信念というか、一番活きるポジションだと思っている」。

 今年1月にオランダ・ズウォレへの移籍が決まり、半年間での出場機会はわずか4試合。Jリーグとの違いを「個人の能力で解決することが多い」と振り返る。181cm、76kgの体格は国内でこそ見劣りしないものの、欧州のDFとしては小柄な部類に入るため、やはり一列前で勝負していきたい構えだ。

 最終ラインから中盤への転向といえば、日本代表ではMF遠藤航(シントトロイデン)も通ってきた道。「そこを核と持ちながら、いろんなポジションで自分を表現できれば」という中山も「縦パスに関しては細かい指示があるので、ボランチに入れば縦パスは意識したいし、攻撃に関しては循環するプレーを出したい」と攻撃面での成長を志す。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ゲキサカの記事をもっと見る 2019年6月3日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら