ボランチとして進化遂げた関西学院大MF山本悠樹がG大阪へ。成長を後押しした人との出会い

ボランチとして進化遂げた関西学院大MF山本悠樹がG大阪へ。成長を後押しした人との出会い
大学サッカー界屈指の司令塔、関西学院大MF山本悠樹はガンバ大阪へ

 ガンバ大阪は11日、関西学院大MF山本悠樹(4年=草津東高)の来季加入内定を発表した。7月に行われるユニバーシアード日本代表にも選ばれる山本は、正確なキックと高い戦術眼が光る司令塔。ボランチとしてプレーする今季は関西学生リーグで6得点4アシストを記録している。

 3つのJクラブから正式オファーが届いた大学屈指の司令塔が進路に選んだのは、2度のJ1優勝を誇るG大阪だった。加入にあたり、山本は「パスを繋いで主導権を握るサッカーが、自分のスタイル的に合うと思った。前にタレントが多いので上手く配球できれば、たくさんのチャンスが作れる。試合を観ても、自分が入った時のイメージが湧きやすかった」と明かしている。

 草津東高時代は1年目から背番号10を託された実力派。高校3年次にはセレッソ大阪の練習に参加したが、MF山口蛍(現ヴィッセル神戸)らにレベルの差を見せつけられ、プロ入りを断念し、関学大に入学した。

 当時は守備が苦手で、トップ下への拘りが強かった。大学に入ってからも、攻撃センスを買われる一方で守備は課題だったが、学年が上がるにつれ、ハードワークの意識が向上。Jクラブからパスセンスや相手を剥がす動きをボランチとして評価されることが多かったことも意識の変化を生んだ。

 今年に入ってから、立て続けにJへの練習参加や全日本学生選抜の活動を重ねたことで、ボランチとして生きていく覚悟を決めたという。そこからの動きは目を見張る程で、プロ1年目からスタメンの座を掴むつもりために走る量や守備意識などをプロ基準に合わせて、大学生活最後の一年に挑んでいる。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. ガンバ大阪 井手口陽介
  2. ガンバ大阪 倉田秋
  3. ガンバ大阪 宮本 恒靖
ゲキサカの記事をもっと見る 2019年6月11日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「ガンバ大阪 + 宮本 恒靖」のおすすめ記事

「ガンバ大阪 + 宮本 恒靖」のおすすめ記事をもっと見る

「ガンバ大阪 + 倉田秋」のおすすめ記事

「ガンバ大阪 + 倉田秋」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「川崎フロンターレ」のニュース

次に読みたい関連記事「川崎フロンターレ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。