レアル移籍報道の久保建英は何位?コパ・アメリカに臨む日本、招集メンバーの市場価値は…

レアル移籍報道の久保建英は何位?コパ・アメリカに臨む日本、招集メンバーの市場価値は…
招集メンバーの市場価値は…

 コパ・アメリカに招待国として参戦する日本代表。登録メンバーの23人中、U-22日本代表が15選手、U-20日本代表が3選手と東京五輪世代主体で今大会に臨む。ここでは、移籍情報サイト『トランスファーマーケット』のデータをもとに日本代表の市場価値をみていく。

 『トランスファーマーケット』は年齢や過去の実績などを考慮して市場価値を算出。今回の招集メンバーで1位だったのはMF中島翔哉(アルドゥハイル)だ。新天地カタールでもレギュラーとして活躍するなど、森保ジャパンで攻撃の中心を担う24歳MFに2500万ユーロ(約30億5400万円)の値が付けられた。

 2位はセリエAのボローニャへの移籍が噂されているDF冨安健洋(シントトロイデン)で900万ユーロ(約10億9900万円)。3位には、今季限りでレスター・シティを退団し、新天地が注目されているFW岡崎慎司で400万ユーロ(約4億8900万円)となっている。

 また、レアル・マドリー移籍間近と報じられているMF久保建英(FC東京)は23人中15位で、その市場価値は50万ユーロ(6110万円)。今後、ヨーロッパ移籍となれば、市場価値は大幅にアップしそうだ。

 なお、グループCに所属する日本は、18日にチリ、21日にウルグアイ、25日にエクアドルと対戦する。

 以下、コパ・アメリカに臨む日本代表の市場価値(6月14日現在)

1位:MF中島翔哉(アルドゥハイル)

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「久保建英 + バルセロナ」のおすすめ記事

「久保建英 + バルセロナ」のおすすめ記事をもっと見る

「久保建英 + U-20ワールドカップ」のおすすめ記事

「久保建英 + U-20ワールドカップ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「フェルナンド・トーレス」のニュース

次に読みたい関連記事「フェルナンド・トーレス」のニュースをもっと見る

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年6月14日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. 久保建英 U-20ワールドカップ
  2. 久保建英 バルセロナ

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。