[関西選手権]大商大が大教大とのPK戦制す! 1部首位・大体大など順当勝利、4回戦は16日開催:3回戦

[関西選手権]大商大が大教大とのPK戦制す! 1部首位・大体大など順当勝利、4回戦は16日開催:3回戦
大商大と大教大の試合は接戦に

 夏の大学日本一決定戦である総理大臣杯の関西予選にあたる第48回関西学生サッカー選手権大会の3回戦が15日に行われた。3回戦からは1部リーグ所属のチームが参戦。それぞれが16日の4回戦に進出した。姫路獨協大関西福祉大甲南大と流通科学大の対戦は天候の影響により、16日に開催される。

 大阪商業大大阪教育大と対戦。先制した大教大は一時同点に追いつかれるも、後半11分にDF村瀬悠介(3年=阪南大高)の得点で再び2-1とリードする。しかし大商大は同45分にオウンゴールで2-2と追いつくと、延長戦でも決着がつかずにPK戦へ。GK得津颯志(1年=和歌山北高)のセーブでPK戦を5-4で制した。

 1部所属チームは大量得点で4回戦進出を決める。桃山学院大は芦屋大に5-1で、びわこ成蹊スポーツ大は追手門学院大に4-1で、大阪経済大は神戸大に5-1で勝利。立命館大も龍谷大に5-1で快勝した。京都産業大は天理大に4-0で、近畿大は大阪大に8-0で完封勝利を収めている。

 1部首位の大阪体育大は大阪市立大に2-0で勝利。前半9分にFWアフラギ・マハディ(4年=清明学院高)のパスをMF福島翔太(1年=大阪桐蔭高)が決めて先制すると、後半5分にはMF小塚祐基(3年=帝京長岡高)のアシストからアフラギ・マハディが追加点を挙げた。

 1部3位の関西学院大と京都橘大の対戦は両者ともに終盤に得点を挙げ、1-1で延長戦へ。すると関学大は延長後半8分、MF

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る 2019年6月16日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。