「限界を自分で決めるな!」。練習から"一時追放"されたロベルトの改心

「限界を自分で決めるな!」。練習から"一時追放"されたロベルトの改心
指示を出す高田敏志監督(中央)の話を聞く佐々木ロベルト泉(背番号3)

ブラインドサッカー日本代表が16日、千葉市内で行っていた合宿を打ち上げた。19日からのトルコ遠征を控えた国内最後の練習で、日本代表・高田敏志監督が練習中、要求されたプレーができないことへの言い訳をした守備の要、佐々木ロベルト泉を一時追放。その後冷却期間を経て、再び練習に合流した佐々木は自陣からドリブルで持ち込んでゴールを決めるなど、プレーで汚名を返上した。

 入道雲が空に浮かんだ夏日。守備の戦術練習中、高田監督の怒声が響き渡った。

「ブラジルとやるんだぞ! 言い訳する奴はやらなくていい!」。

 GKをのぞいたフィールドプレーヤーの4対4で、攻撃側は晴眼者のスタッフがつとめた。容赦なくドリブルで駆け上がり、ゴールを積み重ねた晴眼者の代表スタッフに対し、佐々木は不満が募り、苛立ちを口にした。佐々木が言う。

「僕は怒っていたんじゃない。あの練習は守備のポジショニングの練習だと思うんだけど、ボールを持ったいる人がもし全盲の人だったら、両足で細かくタッチするから、健常者のドリブルのようなポ~ン、ポ~ンという音とは違う。それではボールを持っている人に対する守備の仕方が変わってしまう。前に蹴って走るプレーはブラインドサッカーにはないよ。よりいい練習をしたかったから、そのことを伝えたかっただけだよ。監督から見たら文句を言っているように見えたんでしょう。でもここでストレスをためたら、試合ではもっとストレスが溜まっちゃう。だからあの時、言っただけでもう納得している。今日はシュートもたくさん打てたし、決めることもできたからね」

あわせて読みたい

気になるキーワード

ゲキサカの記事をもっと見る 2019年6月17日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。