ブラインドサッカー日本代表が「雰囲気の健康診断」のため、女性精神科医を招へい

ブラインドサッカー日本代表が「雰囲気の健康診断」のため、女性精神科医を招へい
メンタルアドバイザーに就任した木村好珠。右は後藤史メンタルトレーナー

 ブラインドサッカー日本代表が、現役精神科医でタレントとしても活動中の木村好珠をメンタルアドバイザーとして招くことを決めた。強化指定スタッフの登録手続きも済ませた。日本代表・高田敏志監督が木村をスタッフに招いた経緯を明かす。

「これまでは監督とコーチの関係、コーチと選手の関係はすごくいい。コーチが優秀だからチーム力が上がってきているんですが、チーム全体として僕の言うことが絶対になってきていて、一方でチームの成長とともに問題が起こるリスクもこれから出てくると想定しています。僕は過去にACミランやバイエルンで研修を受けたとき、必ずセラピストのような方が大学からチームに派遣されていて、その方の視点で監督と選手、監督とコーチの関係を分析して、監督を評価する人に報告していたんです」

 きっかけはメダルまであと1歩届かず、4位に終わった3月のワールドグランプリ。グループリーグを1位で突破しながら、準決勝でイングランド、3位決定戦でスペインに敗れた。客観的に分析しても「勝てる」と踏んでいた両国に敗れた原因は、グループリーグを終えてから1日の休養日を挟んで準決勝に至る約48時間の過ごし方にあったと分析している。1日休みを挟んだだけで、敗戦の結果以上に選手のパフォーマンスがぐっと落ちてしまった原因は、体の疲労をとり切れなかった、という単純な理由ではないと考えている。大会後の4月、高田監督はイングランドにわたり、今季プレミアリーグを連覇した

あわせて読みたい

気になるキーワード

ゲキサカの記事をもっと見る 2019年6月17日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。