日本vsチリ 試合前日の森保一監督会見要旨

日本vsチリ 試合前日の森保一監督会見要旨
日本代表を率いる森保一監督

 日本代表は16日、試合会場となるサンパウロのエスタジオ・ド・モルンビーで公式練習を行い、17日のコパ・アメリカ初戦チリ戦に向けて最終調整した。練習前には森保一監督が公式会見に出席した。

 以下、森保一監督の公式会見要旨

森保一監督

――多くの若手の招集があって、日本は五輪チームに焦点を置いている。コパではなく、五輪が重要なのか。
「コパ・アメリカに参加することで、招待国である我々にとっては代表招集が難しい状況であるということ。それは選手の所属クラブが、代表に派遣義務がない大会なので、選手の招集が難しかった。日本サッカー協会はA代表で臨むと努力して、選手招集に向けて動いてくれたが、なかなか思うように招集させてもらえなかった。皆さんが考える日本代表からすれば最強ではないかもしれないが、今回Jリーグ、大学、海外の所属チームの協力を得て、代表の構成をできた部分は、現在の招集条件の中ではベストな招集ができたと思う。若い年代で東京五輪に向けても中心になっていくだろう選手たちだが、さらに先のA代表の定着を彼らに望み、この大会で結果を出す選手、個々の力を示せてもらえればと思っている」

――南米の地で勝利したことないようだが、南米で戦う難しさ。若いチームとして覆すのに必要なのは。
「南米の地で南米の国と対戦して勝利がないというデータはあるかもしれないが、日本がロシアW杯でコロンビアに勝つという、これまでのデータにはない新しいデータ、結果を作っているし、コパ・アメリカでも日本代表が培ってきた経験をもとに戦い、これまでなかったデータ、勝利というデータをつかみ取れるようにしていきたい」

あわせて読みたい

気になるキーワード

ゲキサカの記事をもっと見る 2019年6月17日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。