なでしこは“苦手”イングランドに敗戦…2位通過で決勝T初戦はオランダorカナダ

なでしこは“苦手”イングランドに敗戦…2位通過で決勝T初戦はオランダorカナダ
なでしこはイングランドに完封負けを喫した

[6.20 女子W杯第3節 日本0-2イングランド]

 なでしこジャパンは2位通過。女子ワールドカップのグループDの最終節でイングランド女子代表と対戦した日本女子代表(なでしこジャパン)は0-2で敗れた。なでしこはグループリーグを1勝1分1敗の2位で終えた。

 FIFAランク3位イングランド(なでしこは同7位)との対戦は4大会連続で過去1勝。今年3月のシービリーブスカップでも0-3で敗れるなど苦手としている相手でもある。

 1勝1分の2位でグループリーグ第3戦を迎えたなでしこは、すでに決勝トーナメント進出を決めている。ただし順位は確定しておらず勝てば首位、引き分けで2位、そして敗れれば3位の可能性もあるという中で、キックオフの笛がなった。

 先発は勝利したスコットランド戦から2人を変更。MF小林里歌子とFW横山久美を今大会初先発させた。GKは山下杏也加、DFラインは右から清水梨紗熊谷紗希市瀬菜々鮫島彩。ダブルボランチはMF杉田妃和と、この日はMF中島依美。右MFが小林で、左MFが遠藤純。そして2トップはスコットランド戦でプレーヤー・オブ・ザ・マッチに選ばれたFW岩渕真奈と横山が組んだ。一方のイングランドは先発8人が変更となった。

 攻撃的な布陣を組んだなでしこは、序盤は相手ゴールに迫る場面を作る。特に横山の正確なシュートが枠内を捉えることが多く、前半9分のFKは相手GKの好セーブに阻まれてしまったが、可能性を示し続ける。だが流れは徐々にイングランドに。そして同14分には中盤でパスを奪われると、MFジョージア・スタンウェイのスルーパスに反応したFWエレン・ホワイトに流し込まれ、先制点を奪われてしまう。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. なでしこジャパン メンバー
  2. なでしこジャパン 監督
  3. なでしこジャパン 試合
ゲキサカの記事をもっと見る 2019年6月20日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「なでしこジャパン + 試合」のおすすめ記事

「なでしこジャパン + 試合」のおすすめ記事をもっと見る

「なでしこジャパン + 監督」のおすすめ記事

「なでしこジャパン + 監督」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「ヤングなでしこ」のニュース

次に読みたい関連記事「ヤングなでしこ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。