三好康児が2発!! 2度先行の森保J、ウルグアイに追い付かれるも価値あるドロー

三好康児が2発!! 2度先行の森保J、ウルグアイに追い付かれるも価値あるドロー
2点を奪った日本代表MF三好康児(横浜FM)を仲間が祝福

↓関連ニュース[6.20 コパ・アメリカGL第2節 日本2-2ウルグアイ ポルトアレグレ]

 コパ・アメリカに出場している日本代表は20日、グループリーグ第2節でウルグアイ代表と対戦。前半25分にMF三好康児(横浜FM)の得点で日本が先制するが、同32分にFWルイス・スアレスにPKを沈められて同点とされる。後半12分に再び三好に得点が生まれて勝ち越すも、同21分に追い付かれて試合2-2で引き分けた。1分1敗となった日本は現地時間25日に行われる第3節でエクアドルと対戦する。

 東京五輪世代が中心となる日本代表は17日のチリ戦(●0-4)から先発6人を入れ替え、この一戦に臨んだ。システムは継続して4-2-3-1を採用し、“オーバーエイジ”全5選手を先発起用。GKに川島永嗣(ストラスブール)、最終ラインは右からDF岩田智輝(大分)、DF植田直通(セルクル・ブルージュ)、DF冨安健洋(シントトロイデン)、DF杉岡大暉(湘南)、ボランチにMF柴崎岳(ヘタフェ)とMF板倉滉(フローニンゲン)を並べ、2列目は右からMF三好康児(横浜FM)、MF安部裕葵(鹿島)、MF中島翔哉(アルドゥハイル)、1トップにFW岡崎慎司(レスター・シティ)を配置した。[スタメン&布陣はコチラ]

 試合開始わずか1分、板倉のパスミスに反応したスアレスにロングシュートを狙われるも、わずかに枠上に外れて難を逃れる。同3分には日本がゴールに迫る。柴崎のスルーパスから抜け出した三好の折り返しに走り込んだ岡崎が右足ダイレクトで合わせるが、シュートはゴール右に外れた。同13分にはウルグアイのカウンターを浴び、FWエジソン・カバーニのクロスからスアレスにヘディングシュートを放たれるが、川島が落ち着いてキャッチした。

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年6月21日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。