「俺は死んでいない」マラドーナがアルツハイマー病の噂を否定

「俺は死んでいない」マラドーナがアルツハイマー病の噂を否定
噂を否定したディエゴ・マラドーナ氏

 アルゼンチンサッカー界のレジェンドディエゴ・マラドーナ氏がアルツハイマー病の噂を否定した。ブラジル『グローボエスポルテ』が伝えている。

 マラドーナは自身の健康にまつわる噂を受け、20日、アルツハイマー病に苦しんでいるという噂を否定するための動画を公開。「アルツハイマーという言葉はとても醜い。アルツハイマー病の人たちは死にますが、私は死んでいない」と訴えた。

 マラドーナはメキシコ2部リーグのドラドスで指揮を執っていたが、健康上の理由で退任したばかり。「医師に肩と膝の手術を受けるよう言われた」と、代理人がツイートしたことが発端となり、憶測が広がっていた。

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る 2019年6月21日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。