水戸「残念な結果」、横浜FC松井退場も数的優位いかせず手痛いドロー

水戸「残念な結果」、横浜FC松井退場も数的優位いかせず手痛いドロー
同点ゴールを決めた水戸DF細川淳矢

[6.22 J2第19節 水戸1-1横浜FC KSスタ]

 J2リーグは22日、第19節を行った。ケーズデンキスタジアム水戸では水戸ホーリーホック横浜FCが対戦し、1-1で引き分けた。水戸は2試合未勝利(1分1敗)、横浜FCも3試合未勝利(2分1敗)となった。

 先制点を奪ったのは横浜FCだった。前半32分、左CKからMF中里崇宏が左足でアウトスイングのクロスを供給。ニアのFW草野侑己が頭で合わせると、ふわっとしたシュートがGKの頭上を越えてゴール右隅に吸い込まれ、スコアを1-0とした。

 JFAアカデミー福島出身で阪南大から今季加入した草野は、J2リーグ6試合目の出場にして、うれしい初ゴールとなった。

 前節、山形との首位攻防戦で敗れて3位に順位を落とした水戸。先制点を許してしまったが、前半38分にこちらもセットプレーから同点に追いつく。右CKからMF茂木駿佑が右足でクロスを入れ、ニアに飛び込んだDF細川淳矢が頭で合わせて1-1とした。

 横浜FCは前半44分、後方からのスライディングでMF白井永地を倒してしまったMF松井大輔が2枚目のイエローカードを受けて退場。ハーフタイムで齋藤功に代えてMF佐藤謙介をピッチに送り込んだ。

 後半は水戸が試合を押し気味に進め、横浜FCはカウンターを仕掛けるといった展開。水戸としては、数的優位を生かして何度もゴールに迫ったが、最後のところで精度を欠いて決勝点を奪えず。そのままタイムアップを迎え、1-1で引き分けに終わった。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ゲキサカの記事をもっと見る 2019年6月22日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「京都サンガF.C.」のニュース

次に読みたい関連記事「京都サンガF.C.」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「V・ファーレン長崎」のニュース

次に読みたい関連記事「V・ファーレン長崎」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「アルビレックス新潟」のニュース

次に読みたい関連記事「アルビレックス新潟」のニュースをもっと見る

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。