帰国後は“世界”で輝いたポジションに…東京V藤本寛也「質や回数が上だった」

帰国後は“世界”で輝いたポジションに…東京V藤本寛也「質や回数が上だった」
ボランチの位置でフル出場したMF藤本寛也

[6.22 J2第19節 東京V0-0大宮 味スタ]

 U-20ワールドカップの戦いを終え、東京ヴェルディに戻ったMF藤本寛也に待っていたのはボランチのポジションだった。3-4-2-1にシステムを変更するタイミングに、MF渡辺皓太がコパ・アメリカに帯同中。今季はサイドなど攻撃的な位置が多かったが、前節の甲府戦からU-20日本代表の定位置だったボランチの一角に入り、試合を組み立てている。

 大宮戦の前半は東京Vがハイプレス、カウンター、クロスから決定機を作ったが、流れを失った後半は攻め込まれた。「もう1つ2つ、攻撃のアイディアが必要。バイタルに侵入する回数を増やしていければよかった」。代表の4-4-2とはフォーメーションが違うため「やり方が違うのでまだ難しい」と、戦術を落とし込んでいる段階だ。

 U-20W杯では第2戦メキシコ戦で異彩を放った。確かな戦術眼で試合をコントロールし、司令塔として特大のポテンシャルを発揮。「驚きだったり、自信だったり、いろんな感情に変化していった試合だった」。試合を掌握して周りの選手を動かし、16強進出に導いた。しかし、ラウンド16で韓国に敗れ、志半ばで大会を去る結果となった。

「ボールを奪ったり、相手をひとつ剥がしたり、シュートを打つ回数とか、海外の代表選手は基本的なことの質や回数が上だった。中盤からでも仕掛けてくるし、がむしゃらにギラギラとしている選手が多かった。それが世界に一歩出るために必要なことなのかなと感じました」

 世界で体感した手応えと差、その両方を持って、新たな挑戦がスタートした。「練習からそういうところを出して、試合で常に結果を出し続けるしかない」と力を込めた。

(取材・文 佐藤亜希子)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●[J2]第19節1日目 スコア速報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

あわせて読みたい

気になるキーワード

ゲキサカの記事をもっと見る 2019年6月23日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「アビスパ福岡」のニュース

次に読みたい関連記事「アビスパ福岡」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「モンテディオ山形」のニュース

次に読みたい関連記事「モンテディオ山形」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「アルビレックス新潟」のニュース

次に読みたい関連記事「アルビレックス新潟」のニュースをもっと見る

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。