日本、GL突破ならず…中島先制弾もエクアドルとドローで終戦

日本、GL突破ならず…中島先制弾もエクアドルとドローで終戦
2試合ぶりに先発したMF久保建英

↓関連ニュース[6.24 コパ・アメリカGL第3節 日本1-1エクアドル ベロオリゾンテ]

 コパ・アメリカに出場している日本代表は24日、グループリーグ第3節でエクアドル代表と対戦。前半15分にMF中島翔哉(アルドゥハイル)の得点で日本が先制するが、同35分にエクアドルに同点に追い付かれて1-1のドロー決着。勝ち点1を分け合う結果となり、ともにグループリーグ敗退が決まった。

 東京五輪世代が中心となる日本代表は20日のウルグアイ戦(△2-2)から先発1人を入れ替え、この一戦に臨んだ。システムは継続して4-2-3-1を採用し、GKに川島永嗣(ストラスブール)、最終ラインは右からDF岩田智輝(大分)、DF植田直通(セルクル・ブルージュ)、DF冨安健洋(シントトロイデン)、DF杉岡大暉(湘南)、ボランチにMF柴崎岳(ヘタフェ)とMF板倉滉(フローニンゲン)を並べ、2列目は右からMF三好康児(横浜FM)、MF久保建英(FC東京→レアル・マドリー)、MF中島翔哉(アルドゥハイル)、1トップにFW岡崎慎司(レスター・シティ)を配置した。[スタメン&布陣はコチラ]

 ともに勝利すればグループリーグ突破、引き分け以下に終わればグループリーグ敗退という状況で迎えたGL最終戦。立ち上がりはエクアドルにボールを保持される時間帯が続いたが、前半9分に柴崎のパスを受けた三好がPA外から狙って日本のファーストシュート。すると同15分、中島のスルーパスから抜け出した岡崎はフィニッシュまで持ち込めなかったが、こぼれ球を中島が蹴り込んでネットを揺らす。一度は岡崎がオフサイドと判断されてゴールが認められなかったものの、VARが介入してゴールが認められ、日本が先制に成功した。

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年6月26日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。