後半に猛攻3発の広島、アウェーゴールに泣く…アジア王者鹿島は薄氷8強入り

後半に猛攻3発の広島、アウェーゴールに泣く…アジア王者鹿島は薄氷8強入り
2得点を決めた鹿島アントラーズMF土居聖真

[6.25 ACL決勝T1回戦第2戦 広島3-2鹿島 広島広]

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)は25日、広島広域公園陸上競技場で決勝トーナメント1回戦第2戦を行い、サンフレッチェ広島鹿島アントラーズに3-2で勝利した。それでも第1戦との合計スコアが3-3となった中、前回王者の鹿島がアウェーゴールで上回って準々決勝に進出。10人で猛攻を見せ続けた広島はクラブ史上初の8強入りへわずかに届かなかった。

 18日に行われた第1戦ではホームの鹿島が1-0で勝利。2点差以上での勝利が望まれる広島は出場停止のMF稲垣祥に代わってDF荒木隼人が先発に入り、第1戦ではリベロ起用だったMF吉野恭平がボランチの位置に移った。またFW渡大生に代わってMF柴崎晃誠が起用された。

 引き分け以上に持ち込みたい鹿島は、第1戦で途中交代したDF安西幸輝が登録メンバーを外れた。MF白崎凌兵が控えに回り、新たにDF町田浩樹とMF名古新太郎を起用。町田は左サイドバック、名古は左サイドハーフに入り、いずれも本職ではないポジションを任された。[スタメン&布陣はコチラ]

 序盤は広島が敵陣に圧力をかけると、開始早々に鹿島をアクシデントが襲う。足を痛めたDFチョン・スンヒョンが担架で運び出され、前半4分に高卒ルーキーのDF関川郁万が投入された。なおも主導権を握った広島は同16分、MF森島司のFKにDF野上結貴が頭で合わせたが、GKクォン・スンテに阻まれた。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ゲキサカの記事をもっと見る 2019年6月25日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「川崎フロンターレ」のニュース

次に読みたい関連記事「川崎フロンターレ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「横浜F・マリノス」のニュース

次に読みたい関連記事「横浜F・マリノス」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「名古屋グランパスエイト」のニュース

次に読みたい関連記事「名古屋グランパスエイト」のニュースをもっと見る

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。