記録に立ち向かい、また決めた!國學院久我山FW山本航生が驚異の公式戦15試合連続ゴール!

記録に立ち向かい、また決めた!國學院久我山FW山本航生が驚異の公式戦15試合連続ゴール!
後半24分、國學院久我山高FW山本航生が公式戦15試合連続ゴール

[6.23 インターハイ東京都予選決勝 大成高 0-2 國學院久我山高 駒沢2]

 もはや、本人も「止まらないと言うか、どうしようかなと」と苦笑いするほど。もちろん、本人の力と意欲、周囲のサポートする力もあるが、「凄い」「ヤバイ」の言葉では収まらないような状況になってきている。

 國學院久我山高のFW山本航生(3年)は、この日のインターハイ東京都予選決勝で1ゴール。3月の東京都1部リーグ初戦から、関東大会予選、関東大会、そしてインターハイ予選と続いている公式戦連続試合ゴール記録を15に伸ばした。

 この日は1-0の後半24分に決めた。自陣でのインターセプトから縦パス、そして左サイドへの展開でチャンスを迎えた國學院久我山は、FW山下貴之(3年)がドリブルで縦に仕掛ける。一度は失いながらも素早く奪い返して左足クロスを入れると、ゴール前でのフリーの山本が頭でプッシュ。右手人差し指を掲げて走り出した背番号9は、ピッチサイドに飛び出してきたサブ組の選手たちの前で跳躍、ガッツポーズし、そのまま祝福の輪の中へ飛び込んだ。

「サイドの選手が突破したりしたら自分が中に入っていくというのは意識していて、あの場面も山下がシュート打つかなと思ったん出すけれども、拾い直して本当に良いクロスを上げてくれた」と山本。清水恭孝監督が「動きの意図が分かる。獲るべくして獲っている」と評価するストライカーが、チームの多彩な崩しの中で得点するための術を発揮して連続ゴールを継続した。

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る 2019年6月25日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。