ともに巻き返し期す大宮U18vs清水ユースはいずれも“半歩前進”の0-0ドロー

ともに巻き返し期す大宮U18vs清水ユースはいずれも“半歩前進”の0-0ドロー
大宮アルディージャU-18対清水エスパルスユースは0-0ドローに

[7.6 高円宮杯プレミアリーグEAST第9節 大宮U-18 0-0 清水ユース NACK]

 巻き返しを狙う2チームによる強豪対決は、スコアレスドロー――。高校年代最高峰のリーグ戦、高円宮杯JFA U-18サッカープレミアリーグ2019EASTは6日、第9節1日目の5位・大宮アルディージャU-18(埼玉)対3位・清水エスパルスユース(静岡)戦を行い、0-0で引き分けた。

 ともに勝ち切れなかったものの、“半歩前進”のスコアレスドローだ。この日、清水はDF西島隆斗(3年)の先発復帰に伴い、3バックシステムを採用。相手の戦い方が想定と異なる形となった大宮は、プレスのかけどころが難しくなったことで、自然と引き気味のゲーム展開となった。

 清水は、前半2分に左CKからニアへ飛び込んだDF田中芳拓(2年)がヘディングシュート。また、視察に訪れたU-18日本代表・冨樫剛一コーチの前でアピールに燃えていたという左WB鈴木瑞生(3年)が、ファーストプレーからダイナミックな攻め上がりを繰り返す。そこへDFノリエガ・エリック(3年)から対角のボールが入るなど、大宮にプレッシャーをかけた。

 大宮は相手にボールを持たれる時間が増えたものの、U-17日本代表CB村上陽介主将(3年)を中心に守備ブロックを構築して落ち着いた対応。相手に自由な攻撃を許さない。そして丹野友輔監督が「コンパクトな状態からボールの移動中に、いつ・どこで・誰がプレッシャーを掛けるのか明確になっていたところは、カウンターに繋がっていた」と評したように、良い形でボールを奪い取った際はシュートチャンスに繋げていた。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ゲキサカの記事をもっと見る 2019年7月6日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。