[MOM2911]清水ユースDFノリエガ・エリック(3年)_際立つ守備力備えたDFは「エスパルスでトップチームに」

[MOM2911]清水ユースDFノリエガ・エリック(3年)_際立つ守備力備えたDFは「エスパルスでトップチームに」
清水エスパルスユースDFノリエガ・エリックは空中戦で相手を圧倒するなど無失点に貢献

[高校サッカー・マン・オブ・ザ・マッチ]
[7.6 高円宮杯プレミアリーグEAST第9節 大宮U-18 0-0 清水ユース NACK]

 清水エスパルスユースは、ペルー人DFノリエガ・エリック(3年)の存在感が際立った。3バックの右DFを務めたノリエガは、右サイドから対角へのロングボールを通していたほか、得意の空中戦で相手のハイボールをシャットアウト。また、カウンターからスピードに乗ってドリブルしてきた相手FWを1度、2度と個でストップして見せた。

 高い攻撃力を持つ大宮を無得点に封じた。だが、清水は攻め続けながら、どうしても1点を奪うことができなかった。ノリエガは「本当に悔しいですね。きょうもいっぱいチャンスがあって、最後決めるところで決めないと試合には勝てない」。元FWのCBは後半終了間際、「疲れていたけれど最後の3分とかも大事。最後までやらないと勝てない」と決意し、中央から攻め上がった。だが、さすがに単騎で相手の守りを破って得点するまでは至らず。試合後は悔しさを滲ませていた。

 それでも、ゲームの中で一段階上と言えるようなプレーを見せていたことは確か。平岡宏章監督はノリエガについて、「いつもトップでやっているので。自信をもってやっている」と評価する。本人は普段練習参加しているトップチームのパススピードの速さに驚き、得意のヘディングについても上がいることを体感したという。

「ドゥグラスさんとか強すぎて勝てない。ヘディングはドゥグラスさんとか(チョン・)テセさんとかには負けるけれど、全員には負けないです。頑張ってもっと上手くなりたい」。トップチームで刺激を受けるDFは欲を持って、自身をレベルアップさせていく。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 高校サッカー 千葉
  2. 高校サッカー 大阪
  3. 高校サッカー 女子
ゲキサカの記事をもっと見る 2019年7月7日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「高校サッカー + 女子」のおすすめ記事

「高校サッカー + 女子」のおすすめ記事をもっと見る

「高校サッカー + 大阪」のおすすめ記事

「高校サッカー + 大阪」のおすすめ記事をもっと見る

「高校サッカー + 東京」のおすすめ記事

「高校サッカー + 東京」のおすすめ記事をもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。