8年前ぶりの「凄いリーグ」で残留目指す尚志、アウェーで浦和ユースから勝ち点もぎ取る

8年前ぶりの「凄いリーグ」で残留目指す尚志、アウェーで浦和ユースから勝ち点もぎ取る
浦和レッズユースFW堀井真海のシュートを尚志高CB中川路功多がブロック

[7.7 高円宮杯プレミアリーグEAST第9節 浦和ユース 1-1 尚志高 浦和駒場]

 8年ぶり参入の尚志がアウェーで浦和ユースから勝ち点もぎ取る――。高校年代最高峰のリーグ戦、高円宮杯JFA U-18サッカープレミアリーグ2019EAST第9節2日目が7日に行われ、4位・浦和レッズユース(埼玉)と9位・尚志高(福島)との一戦は1-1で引き分けた。

 試合は浦和ユースが電光石火とも言える先制点を奪う。前半2分、右CKのクリアボールをMF奥山圭介(2年)がPAへ入れると、FW與那覇航和(3年)が左足ダイレクトで決めて先制点。その後も、5月の池田伸康監督が就任からプレミアリーグで1分1敗、3試合目で初勝利を狙う浦和ユースがボールを握って攻めた。

 切り替え速くボールを動かす浦和ユースはMF玉城大志主将(3年)やCB福島竜弥(2年)の左足キックを交えてサイドを変え、そこからの仕掛けで相手にプレッシャーをかける。20分にはゴール前で異質の存在感を放つU-20日本代表GK鈴木彩艶(2年)のキャッチ、スローから高速カウンター。ラストパスのタッチが流れて2点目とはならなかったが、速攻も決定機に結びつけた。

 浦和ユースのGK鈴木は池田監督就任後のチームについて、「練習の中の雰囲気が非常に大事だと言われていて、(池田)監督からも非常に声を出してくれているし、自分たちからもやろうとしているので続けていきたいです。本当は自分たちからやらないといけないんですけれども、まだまだ。監督が非常に良い雰囲気を出してくれるので自分たちももっとやろうとしています」とコメント。この日、スタンドの小さなサポーターの声の後押しも受けた浦和ユースは先制後も雰囲気良く、勢いのある攻守で2点目を目指した。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ゲキサカの記事をもっと見る 2019年7月9日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら