ウイイレ「eJリーグ」初代王者は清水に! 賞金500万円を清水は「アカデミー活動の充実」に

記事まとめ

  • 『ウイニングイレブン 2019』の『eJリーグ』の本大会が14日、15日に都内で開催され、初代チャンピオンは清水エスパルスとなった。
  • 『eJリーグ』はJ1、J2の全40クラブそれぞれに3選手を登録して行うJクラブ対抗戦の形式になっている。
  • 決勝は清水とFC東京の対戦となり、清水が2-1で勝利して初代王者に輝いた。

ウイイレ「eJリーグ」初代王者は清水に! 賞金500万円はクラブへ…その使い道は?

ウイイレ「eJリーグ」初代王者は清水に! 賞金500万円はクラブへ…その使い道は?
清水エスパルスがウイイレ「eJリーグ」の初代王者に

 モバイルゲーム『ウイニングイレブン 2019』のeスポーツ大会『eJリーグ ウイニングイレブン 2019シーズン』の本大会が14日、15日に都内で開催され、初代チャンピオンは清水エスパルスとなった。

 スマートフォンで行う『eJリーグ』は「初心者から上級者まで幅広く参加できる」をコンセプトに実施。モバイルゲーム『ウイニングイレブン 2019』(以下、ウイイレ)を競技タイトルとし、J1、J2の全40クラブそれぞれに3選手を登録して行うJクラブ対抗戦の形式になっている。賞金総額は1500万円で優勝賞金は500万円。賞金は選手に手渡されず、代表となったクラブに支払われる。

 幅広い世代が参加できるように、各クラブの代表プレーヤーは「15歳以下(U15)」、「18歳以下(U18)」、「全年齢(フル)」の年齢別3選手で構成される。3月からオンライン予選が行われ、6月のクラブ代表選考会で代表プレーヤーが決定。本大会では3選手1チーム制で同カテゴリー同士の対戦となり、2勝したクラブが勝利を収める。14日にグループリーグと決勝トーナメント1回戦まで行われた。決勝トーナメントからは2戦先勝で、コイントスで勝った側が勝負するカテゴリー順を選ぶことができる。

 15日からは決勝トーナメント準々決勝が行われ、清水、東京ヴェルディFC東京川崎フロンターレがベスト4に進出。準決勝第1戦で清水は東京Vと対戦し、「全年齢(フル)」と「15歳以下(U15)」で2連勝を収め、決勝へと駒を進めた。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 清水エスパルス 北川航也
  2. 清水エスパルス 日本代表
  3. 清水エスパルス 移籍
ゲキサカの記事をもっと見る 2019年7月15日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「清水エスパルス + 北川航也」のおすすめ記事

「清水エスパルス + 北川航也」のおすすめ記事をもっと見る

「清水エスパルス + 移籍」のおすすめ記事

「清水エスパルス + 移籍」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「湘南ベルマーレ」のニュース

次に読みたい関連記事「湘南ベルマーレ」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。