不法な賭博関与…元リバプールFWに実質2週間活動停止&罰金1000万円

不法な賭博関与…元リバプールFWに実質2週間活動停止&罰金1000万円
リバプールを退団したFWダニエル・スターリッジ

 昨季限りでリバプールを退団していたFWダニエル・スターリッジが不正に賭博に関わっていたとして、6週間にわたる競技活動の停止処分(うち執行猶予4週間)と罰金7万5000ポンド(約1000万円)の処分を下されたようだ。イギリス『BBC』などが報じている。

 スターリッジは2018年1月、移籍に関する未発表情報を親族に漏らし、親族はそれに従って賭博を行ったという疑いがかけられている。記事によれば、疑われた11事象のうち2つが認められ、それはセビージャへの移籍に関する情報だったという。

 なお、処分は独立の委員会が決定。イングランドサッカー協会(FA)はこの決定を不服とし、異議申し立てを行う姿勢を見せている。一方、スタリッジは「FAが異議を唱えるのは残念」としたうえで「一生懸命にトレーニングしているし、次のシーズンに完全に集中している」と無所属の立場ながら新シーズンに決意を述べている。
●プレミアリーグ2019-20特集

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る 2019年7月19日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。