復帰の宇佐美がAT劇的弾!!G大阪が土壇場でドローに持ち込む、名古屋優勢も未勝利は9戦に

復帰の宇佐美がAT劇的弾!!G大阪が土壇場でドローに持ち込む、名古屋優勢も未勝利は9戦に
復帰の宇佐美がアディショナルタイムにドローに持ち込むゴールを決めた

[7.20 J1第20節 名古屋2-2G大阪 豊田ス]

 名古屋グランパスのホームで行われたガンバ大阪との一戦は、2-2の引き分けに終わった。名古屋は連敗が止まった4で止まったものの、9戦未勝利となった。

 夏の移籍ウインドーが開いての初戦。名古屋はFC東京から加入したDF太田宏介が3バックの左で先発。下部組織出身のルーキーDF藤井陽也も初先発となった。対するG大阪は主力級が大量流出。オランダ1部のトゥエンテにレンタル移籍するFW中村敬斗もこの試合を最後に渡欧する。ただし3年ぶりに復帰したFW宇佐美貴史が先発メンバーに名を連ね、2トップの一角で出場した。[スタメン&布陣はコチラ]

 スコアは前半から激しく動いた。まずは名古屋が開始4分、FWジョーのポストプレーからヒールパスを受けたMFエドゥアルド・ネットがエリア内に侵入。横パスを出すと、フリーになっていたFW前田直輝が流し込んで先制に成功する。名古屋が先制点を決めるのは、5月17日の川崎F戦以来で8試合ぶり。

 しかしG大阪も直後の前半8分、MF遠藤保仁のロングパスで抜け出したFWアデミウソンがGKランゲラックを引き出す。右に流れたが、再びランゲラックをかわしてゴールネットに突き刺した。アデミウソンのゴールは3月30日の神戸戦以来で15試合ぶり。

 前半26分ごろにはスタジアムでアクシデントが発生。照明が演出時のように点灯。試合は直後に給水タイムのために中断したが、アナウンスで「誤作動によるもの」と説明があり、「心よりお詫び申し上げます」と謝罪があった。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 名古屋グランパス 移籍
  2. 名古屋グランパス 風間八宏
ゲキサカの記事をもっと見る 2019年7月20日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「名古屋グランパス + 移籍」のおすすめ記事

「名古屋グランパス + 移籍」のおすすめ記事をもっと見る

「名古屋グランパス + 風間八宏」のおすすめ記事

「名古屋グランパス + 風間八宏」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「ヴァンフォーレ甲府」のニュース

次に読みたい関連記事「ヴァンフォーレ甲府」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。