高尾瑠、G大阪のレギュラーとして憧れの豊スタ名古屋戦のピッチに立つ

高尾瑠、G大阪のレギュラーとして憧れの豊スタ名古屋戦のピッチに立つ
豊田スタジアムのピッチに立った高尾瑠

[7.20 J1第20節 名古屋2-2G大阪 豊田ス]

 あこがれ続けたピッチに立った。しかしユニフォームの色は赤ではなく青。DF高尾瑠ガンバ大阪の選手として、豊田スタジアムで名古屋グランパスと戦った。

「感慨深かったです。いろいろと湧き出てくるものはありました」

 愛知県知多半島の中央部に位置する阿久比町出身の高尾。名古屋の下部組織に入団すると、U18までプレー。関西学院大に進学し、1年生から不動のレギュラーとして活躍。大学で確実に力をつけて、Jリーガーになった。

 ただ大学1年生の時は全国のタイトルを総なめする最強チームの一員だったが、副将となって迎えた最終学年の昨季は無冠。総理大臣杯には予選で敗れたために出場できず、同大会ではボールパーソンを務めたこともあった。
高尾瑠、G大阪のレギュラーとして憧れの豊スタ名古屋戦のピッチに立つ
高尾瑠、G大阪のレギュラーとして憧れの豊スタ名古屋戦のピッチに立つ
昨年は総理大臣杯でボールパーソンを務めていた高尾瑠
 G大阪入団後も「最初は躓いた」。トップチームが低迷する中でもお呼びがかかることはなく、J3での試合出場が続いた。ただそこで気持ちを切らすことなく、自らのプレーを心掛けることに集中。「そこで頑張ったことが今に繋がっていると思います」。

 ようやくトップチームでデビュー出来たのは5月8日のルヴァン杯の清水戦。そしてリーグ戦では同18日のC大阪とのダービーマッチで先発出場すると、9試合連続フル出場を果たす不動のレギュラーになった。

 しかし本来は右SBで攻撃力を武器とする選手だが、現在与えられているポジションは「今までやったことがない」という3バックのストッパー。「最初はどうやったらいいかも分からなかった」というが、紅白戦で日本屈指の攻撃力を誇るG大阪のFW陣と対峙することで、自信を深めていったという。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. ガンバ大阪 井手口陽介
  2. ガンバ大阪 倉田秋
  3. ガンバ大阪 宮本 恒靖
ゲキサカの記事をもっと見る 2019年7月24日のサッカー記事
「高尾瑠、G大阪のレギュラーとして憧れの豊スタ名古屋戦のピッチに立つ」の みんなの反応 1
  • 名無し 通報

    各クラブで頑張っている川島選手、権田選手、吉田選手、長友選手、高徳選手、宇佐美選手、香川選手、本田選手、岡崎選手、宮市選手、上田選手、その他の選手も頑張って下さい

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「ガンバ大阪 + 移籍」のおすすめ記事

「ガンバ大阪 + 移籍」のおすすめ記事をもっと見る

「ガンバ大阪 + 宮本 恒靖」のおすすめ記事

「ガンバ大阪 + 宮本 恒靖」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「名古屋グランパス」のニュース

次に読みたい関連記事「名古屋グランパス」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。