長崎U-18、C大阪と激闘ドローもGL敗退…指揮官「本当に“夢がある”クラブ」

長崎U-18、C大阪と激闘ドローもGL敗退…指揮官「本当に“夢がある”クラブ」
悔しい敗戦を喫したV・ファーレン長崎
       

[7.24 日本クラブユース選手権U-18大会G組第3節 長崎U-18 1-1 C大阪U-18 前橋フD]

 日本クラブユース選手権(U-18)大会は24日、グループリーグ第3節が行われ、セレッソ大阪U-18(関西3)とV・ファーレン長崎U-18(九州1)が対戦した。決勝トーナメント進出のためにはC大阪が引き分け以上、長崎が勝利を義務付けられる中、1-1のドローで終了。攻守に奮闘した長崎は先制したものの、主力陣を投入したC大阪の勢いに屈した。

 MF松本凪生(3年)、FW藤尾翔太(3年)、MF近藤蔵波(2年)ら世代別代表経験を持つ選手たちをベンチに残したC大阪に対し、主導権を握ったのは九州王者の長崎。GK朝長心優(3年)を有効に使ったビルドアップでボールを回すと、前半12分にはDF郡司島樹(3年)のドリブル突破、同13分にはFW浦道翔(3年)の高速クロスで立て続けにチャンスをつくった。

 長崎は前半18分、さらに圧巻の攻撃を披露した。相手のハイプレスに対して朝長が左サイドにピタリとフィードを通すと、C大阪U-15和歌山出身で古巣対戦となったDF西山太規(3年)が縦パスを送り、MF長尾泰成(3年)が敵陣へ突破。最後は浦道のキックがGK折口輝樹(3年)に阻まれたが、自陣からしっかり攻撃を組み立てる意識が結実した場面だった。

 もっとも、その後はC大阪も徐々に盛り返し、前半24分には左サイドを駆け上がったDF

当時の記事を読む

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年7月24日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。