GK倉持がファインセーブ連発!粘り強い守備見せた丸岡が“ドリブル軍団”聖和学園撃破!

       
GK倉持がファインセーブ連発!粘り強い守備見せた丸岡が“ドリブル軍団”聖和学園撃破!
丸岡高はFW田海寧生の挙げた1点を守り、初戦突破。(写真協力=高校サッカー年鑑)

[7.26 総体1回戦 丸岡高 1-0 聖和学園高 金武町陸]

 令和元年度全国高校総体「感動は無限大 南部九州総体2019」(インターハイ)サッカー競技が26日に開幕し、各地で1回戦が行われた。金武町陸上競技場の第2試合では、2年ぶり31回目出場の丸岡高(福井)と8年ぶり3回目出場の聖和学園高(宮城)が対戦。丸岡がFW田海寧生(3年)のゴールを守り切り、1-0で勝利した。

 序盤は聖和学園がMF局田真伸(3年)の力強いドリブル突破や、MF古賀楓真(3年)のドリブル、スルーパスなどで決定機をつくり出す。11分には古賀がゴール前に抜け出し鋭いシュートを放つが、丸岡GK倉持一輝(3年)がパンチングで防ぎ、ゴールはならず。そして、クーリングブレイク直後の25分に試合が動いた。丸岡はMF川中浩夢(2年)が前線のFW田海にパス。「みんな良い守備をしてくれて良いボールをくれたので、自分で勝負して思い切り打ったら入りました」と聖和学園DFラインの背後に抜け出した田海が落ち着いてゴールを決めて、欲しかった先制点を奪った。

 丸岡・小阪康弘監督が「7、8、14番を消さないといけない」と語った通り、聖和学園で高い技術を持つ中盤、MF山下慶次(3年)、MF鳥羽瀬彰吾(3年)、古賀を厳しくマーク。聖和学園は相手陣内までボールは運べたものの、ゴール前をしっかり固められてしまう。それでも前半アディショナルタイムに山下が右サイドから進入しシュートを放つが、これも倉持が弾き返し、前半は1-0と丸岡リードで終える。

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年7月26日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。