リバプールが4度目のUEFAスーパー杯制覇!PK戦の末に“歴史的一戦”を制す

リバプールが4度目のUEFAスーパー杯制覇!PK戦の末に“歴史的一戦”を制す
リバプールがUEFAスーパー杯を制す

[8.14 UEFAスーパー杯 リバプール2-2(PK5-4)チェルシー]

 14日、UEFAスーパーカップがトルコのボーダフォン・アリーナで行われ、昨季のチャンピオンズリーグ王者リバプールとヨーロッパリーグ王者チェルシーが激突。大会史上初のイングランド勢対決、UEFA主催男子大会で初の女性審判となった“歴史的一戦”を、2-2のPK戦の末にリバプールがPK5-4で制し、4度目のスーパー杯制覇を果たした。

 9日のプレミアリーグ開幕戦で昇格組ノリッジを4-1で下したリバプールだが、守護神アリソン・ベッカーが負傷交代。数週間の離脱とみられている。そのため、GKは新戦力のアドリアン。最終ラインは右からジョー・ゴメス、ジョエル・マティプ、フィルヒル・ファン・ダイク、アンドリュー・ロバートソンと並び、アンカーにファビーニョ、インサイドハーフにジョーダン・ヘンダーソンとジェームス・ミルナー、3トップは右にモハメド・サラー、左にアレックス・オクスレード・チェンバレン、中央にサディオ・マネが入った。

 対するチェルシーは11日の開幕節でマンチェスター・ユナイテッドに0-4で完敗。システムを4-2-3-1から昨季までの4-3-3に戻し、GKケパ・アリサバラガ、最終ラインは右からセサル・アスピリクエタ、アンドレアス・クリステンセン、クルト・ズマ、エメルソン・パルミエリと並び、アンカーにジョルジーニョ、インサイドハーフにエンゴロ・カンテとマテオ・コバチッチが入った。3トップの右にペドロ・ロドリゲス、左にクリスティアン・プリッシチ、中央にオリビエ・ジルが起用された。

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る 2019年8月15日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。