就任から3/6試合で無得点…東京V永井監督「スペースの支配がまだまだ」

就任から3/6試合で無得点…東京V永井監督「スペースの支配がまだまだ」
拡大する(全1枚)
東京ヴェルディの永井秀樹監督

[8.18 J1第28節 東京V0-0山形 味スタ]

 東京ヴェルディはJ2第28節の山形戦、新体制発足後の6試合で3度目のノーゴールに終わった。永井秀樹監督は試合後会見で「少しずつ良くはなっている」とした一方で「ボールとスペースの両方を支配するという次のステージに立つためには、ボールの支配はまずまずだが、スペースの支配がまだまだ」と課題を語った。

 7月20日に行われたJ2第23節の愛媛戦で初采配を振るった永井監督は、ここまで通算2勝3分1敗という成績。スコアは○3-2、○1-0、△0-0、●0-4、△3-3、△0-0という経過をたどっており、大敗を喫した第26節の京都戦を除けば、打撃戦か緊迫戦という両極端な闘いぶりが目立つ。

 システムは4-3-3と3-4-2-1を併用しているが、その戦い方も特異なものだ。サイドを幅広く使いながら布陣を押し上げ、一方的にボールを握ることを志向するため、2人のセンターバック以外は全員が攻撃参加をすることも。指揮官はこうした狙いを「ポゼッションサッカーではなく、前に進むプログレッションサッカー」と表現する。

 もっとも、現状では「ポゼッションサッカー」にとどまっているという。これまでスコアレスドローに終わったのは2試合だが、いずれもボール支配率は約70%。この数字を結果に反映させるためには「相手のいないところを攻めるという大原則に基づき、どこに相手がいないのか、どこにボールを運ぶのかを突き詰めていく必要がある」と語った。

当時の記事を読む

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「東京ヴェルディ」に関する記事

「東京ヴェルディ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「東京ヴェルディ」の記事

次に読みたい「東京ヴェルディ」の記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年8月18日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。