リバプールで最後?52歳クロップ監督が驚きの発言「たぶん引退するだろう」

リバプールで最後?52歳クロップ監督が驚きの発言「たぶん引退するだろう」
『ビルト』の年間最優秀監督賞を受賞したユルゲン・クロップ監督

 リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督(52)が、3年後に監督業から引退するかもしれない。英『デイリーメール』が伝えている。

 2001年にマインツで監督業をスタートさせたクロップ監督は、2008年夏にドルトムントの監督に就任。2010-11シーズンからブンデスリーガ2連覇、2012年にDFBポカールを制し、タイトルをもたらした。2015年10月からはリバプールを指揮しており、昨季はプレミアリーグで惜しくも2位に終わったが、UEFAチャンピオンズリーグで14年ぶりの優勝に導いた。

 これを受けて、クロップ監督はドイツ『ビルト』の年間最優秀監督賞を受賞。リバプールとは2022年まで契約を結んでいるが、今後について言及した。

「私はこれまでのように続けたいと思っているが、2~3年後は何が起こるか分からないよ。たぶん引退するだろう。必ずしもそれが起こるとは限らないが、もしそうなっても驚きはないね」

「私がやりたいと思う順番は、まずはドイツ代表、次にバイエルン、ドルトムント、そしてリバプールでキャリアを終えること。特に考えていない。何をするかはわからないね」
●ブンデスリーガ2019-20特集
●プレミアリーグ2019-20特集

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る 2019年8月21日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。