勝てない川崎F、5戦未勝利で4位に後退…清水と辛くもドロー

勝てない川崎F、5戦未勝利で4位に後退…清水と辛くもドロー
勝てない川崎F、5戦未勝利で4位に後退…清水と辛くもドロー

[8.24 J1第24節 川崎F2-2清水 等々力]

 J1リーグは24日、第24節を各地で行い、川崎フロンターレはホームで清水エスパルスと対戦し、2-2で引き分けた。川崎Fは直近5試合未勝利(3分2敗)。横浜FMにかわされ、4位に後退した。

 川崎Fは17日に行われた第23節仙台戦(△2-2)から先発5人を入れ替え、出場停止だったDF谷口彰悟とDFジェジエウのセンターバックコンビが戻った。対する清水は8失点を喫した前節札幌戦(●0-8)から2人を変更し、今夏新加入のGK大久保択生が初先発で新天地デビューを飾った。[スタメン&布陣はコチラ]

 清水が立ち上がりにビッグチャンスを作り、前半3分、CKの流れからMF西澤健太が右サイドからクロスを入れ、MF松原后がヘディングシュート。決定的な形だったが、GKチョン・ソンリョンが至近距離でセーブした。徐々に川崎Fが流れを引き寄せると、前半12分に試合を動かした。

 DFジェジエウのパスを受けたDFマギーニョがスルーパスを通し、走り込んだMF齋藤学が右サイドからクロス。FWレアンドロ・ダミアンが相手DFをかわして巧みにダイレクトで押し込み、先制に成功した。9試合ぶりにスタメンに入ったダミアンは起用に応えるゴールで今季7点目を挙げた。

 清水は押し込まれる展開が続いたが、飲水タイム明けにスーパーゴールで試合を振り出しに戻した。前半29分にFWドウグラスが倒され、PA右手前の位置でFKのチャンスを獲得する。ドウグラスが自らキッカーを務めると、左足で回転をかけた鋭いシュートは壁を巻いてゴール左上に向かう。GKソンリョンが弾いたものの、右ポストに当たってゴールマウスに吸い込まれ、1-1。ドウグラスはチーム最多の今季10点目をマークした。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 川崎フロンターレ ジュニアユース
  2. 川崎フロンターレ 中村憲剛
  3. 川崎フロンターレ 大島僚太
ゲキサカの記事をもっと見る 2019年9月14日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「川崎フロンターレ + 大島僚太」のおすすめ記事

「川崎フロンターレ + 大島僚太」のおすすめ記事をもっと見る

「川崎フロンターレ + 小林悠」のおすすめ記事

「川崎フロンターレ + 小林悠」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「G大阪」のニュース

次に読みたい関連記事「G大阪」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら