ボローニャDF冨安健洋がセリエAデビュー! 可変対応DFとして攻撃参加も…開幕戦は痛み分け

ボローニャDF冨安健洋がセリエAデビュー! 可変対応DFとして攻撃参加も…開幕戦は痛み分け
DF冨安健洋がセリエAデビュー

[8.25 セリエA第1節 ベローナ1-1ボローニャ]

 セリエAは25日に第1節を行い、日本代表DF冨安健洋が所属するボローニャベローナと対戦し、1ー1で引き分け。冨安は先発でセリエAデビュー。状況によって4バックの右SB、3バックの右CBと対応しながら、90分間をプレーした。ボローニャは30日に第2節でSPALと対戦する。

 今夏にボローニャに加入した20歳の日本代表DFは親善試合から先発メンバー入りをすると、10日のビジャレアルとの親善試合では初ゴールも記録。そして18日のコッパ・イタリア3回戦・ピサ戦(○3-0)では公式戦デビューを果たした。

 セリエA開幕を迎えた冨安は引き続き先発の座を確保。チームは4-2-3-1の布陣を敷き、冨安は右SBで起用される。しかし最終ラインは状況によって3バックに変化し、攻撃時には右CBの位置から組み立てに参加。さらに右ボランチのMFキングスリー・マイケルと位置を頻繁に入れ替えながら、インサイドから前線へと積極的に進む場面も見られた。

 開始5分、冨安は相手の攻撃を正確に察知してインターセプト。するとボローニャは同12分、FWリッカルド・オルソリーニが最終ラインを抜け出したところ、MFパベル・ダビドヴィッチにPA内に倒される。相手MFにはレッドカードが出され、ボローニャはPKを獲得。FWニコラ・サンソーネがPKをゴール左に決めて先制し、またボローニャは数的優位に立つこととなった。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ゲキサカの記事をもっと見る 2019年8月26日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。