大臣杯8強が決定! 大体大は筑波大に後半3発の逆転勝利、前回王者・明大も仙台大に2発逆転:2回戦結果一覧

大臣杯8強が決定! 大体大は筑波大に後半3発の逆転勝利、前回王者・明大も仙台大に2発逆転:2回戦結果一覧
大阪体育大が逆転勝利

第43回総理大臣杯全日本大学トーナメント

 第43回総理大臣杯全日本大学トーナメントは1日、各地で2回戦を行った。大阪体育大(関西第4代表)は筑波大(関東第4代表)と対戦。筑波大に先制を許した大体大だが、後半21分から3得点を挙げ、3-1で逆転勝利を決めた。

 筑波大は前半20分、MF高嶺朋樹(4年=札幌U-18/札幌内定)が先制点を決める。その後は拮抗状態が続き、前半は筑波大が1-0でリードしたまま前半を折り返した。

 すると大体大は後半から反撃。後半21分、FWアフラギ・マハディ(4年=清明学院高)、MF岩切拳心(3年=日章学園高)とつないだボールを、FW林大地(4年=履正社高/鳥栖内定)が決めて1-1の同点に。さらに同26分にはアフラギ・マハディがこぼれ球を押し込み、2-1と逆転に成功した。

 大体大は後半38分、アフラギ・マハディのアシストからMF永吉広大(3年=鹿児島城西高)がダメ押しの3点目。筑波大の攻撃を抑え込み、そのまま3-1で勝利を収めた。

 前回王者の明治大(関東第1代表)は仙台大(東北代表)と対戦。前半23分、仙台大のMF松尾佑介(4年=浦和ユース/横浜FC内定)に得点を決められてしまう。

 しかし明大も後半から反撃開始。後半6分、FW佐藤亮(4年=FC東京U-18)がPKを決めて1-1の同点に追いつく。同21分には、MF森下龍矢(4年=磐田U-18/鳥栖内定)の右足シュートがクロスバーに当たり、さらにMF

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る 2019年9月1日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら