大分加入内定の米子北CB高橋祐翔が会見「自分への挑戦も楽しみたい」

大分加入内定の米子北CB高橋祐翔が会見「自分への挑戦も楽しみたい」
左から米子北の吉川隆司校長、城市徳之総監督、高橋祐翔、大分の西山哲平強化部長
       

 8月28日に大分トリニータへの来季新加入内定が発表された鳥取・米子北高のDF高橋祐翔(たかはし・ゆうしょう)が、2日に同校で記者会見を行い、プロへの意気込みを語った。

 鳥取市の蹴友FCから米子北に進んだ高橋は、当初はFWやMFなど攻撃的なポジションでプレーしていたが、昨年初めにCBにコンバート。188cm・70kgの恵まれた体格やスピード、左利きという特性を生かして才能を開花させた。

 昨年10月にU-17日本代表に初めて選出されると、今年もU-18日本代表のUAおよびポルトガル遠征のメンバーに選出され、代表レベルの経験を積んでいる。なお米子北からのJクラブ加入内定は、昨年のMF佐野海舟(現町田)に続いて2年連続となる。

 会見に臨んだ高橋は「サッカーを通じた地域への貢献を目標に掲げている、大分トリニータという素晴らしいチームに加入することができて、とても光栄です。大分トリニータのスタッフの方々をはじめ、米子北高校の先生方、チームメイト、家族、そして地域の方々のおかげだと思い、感謝の気持ちでいっぱいです」と喜びのコメント。「練習に参加したときから、大分トリニータのサッカーに興味が沸いた。いままで自分がチャレンジしたことがないプレーが出せると思う。自分への挑戦も楽しみながらチームに貢献できれば」と意気込みを語った。

 同席した大分の西山哲平強化部長は、高橋について「身体能力の高さを生かしたヘディングの高さ、スピードは大きな武器で、身長の割にボール扱いがうまい。左利きという貴重な存在でもあり、我々の目指すサッカーにフィットする選手だと思います」と評価。米子北高サッカー部の城市徳之総監督は、DFへのコンバートについて「前線の選手だったので、技術面は中学年代から可能性を感じていましたが、それまであまりやっていなかったヘディング、左足のロングフィード、スピードなどは、もっと良くなる可能性がある。大分トリニータでいろいろなことを学びながら成長してほしい」と期待を寄せた。

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「大分トリニータ + twitter」のおすすめ記事

「大分トリニータ + twitter」のおすすめ記事をもっと見る

「大分トリニータ + 移籍」のおすすめ記事

「大分トリニータ + 移籍」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「湘南ベルマーレ」のニュース

次に読みたい関連記事「湘南ベルマーレ」のニュースをもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年9月2日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. 大分トリニータ twitter
  2. 大分トリニータ 移籍

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。