「自問自答してしまう」ユーベのブラジル代表SB、サッカーで成功した今も抱く“罪悪感”…サッカー少年に金言も

「自問自答してしまう」ユーベのブラジル代表SB、サッカーで成功した今も抱く“罪悪感”…サッカー少年に金言も
ユベントスに所属するブラジル代表DFアレックス・サンドロ

 プロサッカー選手として成功し、派手な私生活で注目を浴びる選手もいれば、プロを目指していた時と変わらない姿勢を持ち続ける選手もいる。2015年からユベントスでプレーするブラジル代表DFアレックス・サンドロは、今でもお金を使うことに抵抗を覚えると明かした。スペイン『アス』が伝えている。

 A・サンドロはアトレチコ・パラナエンセの下部組織で育ち、2008年に17歳でトップチーム昇格を果たした。その後、2010年にサントス、2011年にポルトへ移籍。2015年8月には移籍金2600万ユーロ(約31億円)でユベントスに加入した。ブラジル代表としては2011年11月にデビュー。今夏のコパ・アメリカでは左サイドバックとして4試合に出場し、母国の優勝に貢献している。

 ユーチューブで公開されたブラジル人ジャーナリストによるインタビューで、A・サンドロは自身が謙虚である理由について少年時代にルーツがあると語った。

「アトレチコ・パラナエンセにいた時、僕は15歳で月に100ドル(約1万800円)を稼いでいた。クラブは僕に全てを与えてくれた。家、食べ物、学費…。僕は50ドル(約5400円)を使い、50ドルを貯金した。最初の勝利の後に300ドル(約3万2400円)を取っておき、家の費用として両親にそれを渡した。僕は何でも買うことができたけど、家族を助けなければならなかった」

「僕はサントスからポルトに行った時、とても成熟していた。15歳だったけど、家を出る時は別のメンタリティーを持ち始めるものだ。まだブラジルにいるなら家族の支えを求めることができるけど、1人で別の国にいる。クラブの支援を受けていても、最終的には自分だけなんだ」

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る 2019年9月14日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら