[MOM2969]飯塚MF森園颯月(1年)_セカンドボール回収と好守で静学撃破の原動力に

[MOM2969]飯塚MF森園颯月(1年)_セカンドボール回収と好守で静学撃破の原動力に
飯塚高MF森園颯月は特に守備面で勝利に貢献

[高校サッカー・マン・オブ・ザ・マッチ]
[9.14 NB CHAMPIONSHIP予選リーグ第2節 飯塚高 3-2 静岡学園高 時之栖うさぎ島G]

 撃ち合いの展開で得点にこそ絡めなかったが、守備面での貢献度が特に大きかった。静岡学園高を撃破した飯塚高は、前半途中にボランチへ投入されたMF森園颯月(1年)が中盤での強度の高い守備やセカンドボールの拾い合いなどで奮闘。ドリブルで仕掛けてくる相手をDFと挟み込んだり、味方をカバーしたMFの存在が逆転勝利の原動力になった。

「(相手に攻められて)キツかったんで、セカンドボールを拾うことを意識していました。昔からセカンドボールを拾うことが仕事やったんで」と森園。抜け出されるかどうかのギリギリのところでDF陣が身体を張って相手の攻撃を食い止めると、森園がそのこぼれ球を味方に繋いで攻撃時間を増やしていた。

 普段から「ボールを見ながら戻ったり、抜かれた後戻る練習をしていた」と森園。また、強度の高い守備は試合前に島田一真コーチから指示されていた部分だ。攻撃意識の高い選手が並ぶチームの中で「攻撃も好きやけれどディフェンスも好き」という森園は普段から練習してきたことや、指示されたことを忠実にやり通して勝利に貢献した。

 相手の個人技に苦戦するシーンもあった。今後は課題を改善しながら、「アンカーで、『ここから先、行かせん』という選手になりたいです」。高校1年生世代の強豪32校が優勝を争う「newbalance CHAMPIONSHIP U-16/2019」で一つでも多く試合を経験して成長し、中盤で相手の攻撃を全て止めるようなMFになる。

(取材・文 吉田太郎)【特設ページ】newbalance CHAMPIONSHIP U-16/2019

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「高校サッカー + 千葉」のおすすめ記事

「高校サッカー + 千葉」のおすすめ記事をもっと見る

「高校サッカー + 東京」のおすすめ記事

「高校サッカー + 東京」のおすすめ記事をもっと見る

「高校サッカー + 神奈川」のおすすめ記事

「高校サッカー + 神奈川」のおすすめ記事をもっと見る

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年9月14日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. 高校サッカー 千葉
  2. 高校サッカー 大阪
  3. 高校サッカー 女子

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。