大一番の勝利で「やっとスタートライン」内田篤人が考える“優勝争い”

大一番の勝利で「やっとスタートライン」内田篤人が考える“優勝争い”
鹿島アントラーズDF内田篤人

[9.14 J1第26節 鹿島2-0FC東京 カシマ]

 長い独走状態が続いていたFC東京を2-0で下し、鹿島アントラーズが首位との勝ち点差を『1』とした。「これでやっとスタートラインかなという気がする」。今季から常勝軍団のリーダーを担うDF内田篤人はそう言って気を引き締めた。

 シーズン序盤は先発出場が続いていたものの、第5節・磐田戦での負傷により離脱。今季はキャプテンを任されたことで「できるだけチームを離れたくない」と臨んだシーズンだったが、ベンチ入りできない期間が4か月半にわたって続いた。

 しかし、その間チームはあらゆるタイトルレースをしぶとく戦い抜き、参加する4つの大会ですべて生き残っている状況。8月中旬の天皇杯3回戦栃木戦でようやく復帰を果たした内田を良いチーム状況で迎えることができている。

「僕が昔居た時みたいな鹿島の強さに比べたら『まだ』と思う人もいるかもしれないけど、(MF三竿)健斗、DFブエノ、ワンちゃん(DF犬飼智也)とか、年齢的には完成しきっていない選手がたくさんいる中で、経験のある(GKクォン・)スンテ、MFレオ(・シルバ)、(FW伊藤)翔がうまく噛み合っている気がする」。

 チームは今夏、DF安西幸輝(ポルティモネンセ)、FW鈴木優磨(シントトロイデン)、MF安部裕葵(バルセロナ)が立て続けに海外移籍。内田は「余りモノが残っているわけじゃない。良い選手が残っている」とチームに残っている選手を立てたが、終盤の連戦を考えれば小さからぬ影響はあるはずだ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 内田篤人 Instagram
  2. 内田篤人 クラブW杯
  3. 内田篤人 年俸
ゲキサカの記事をもっと見る 2019年9月15日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「内田篤人 + 鹿島アントラーズ」のおすすめ記事

「内田篤人 + 鹿島アントラーズ」のおすすめ記事をもっと見る

「内田篤人 + 怪我」のおすすめ記事

「内田篤人 + 怪我」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「武藤嘉紀」のニュース

次に読みたい関連記事「武藤嘉紀」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら