[AFC U-16選手権予選]右肩上がりのパフォーマンスでの予選突破へ。U-15日本代表が緊張の初戦を4-0大勝

[AFC U-16選手権予選]右肩上がりのパフォーマンスでの予選突破へ。U-15日本代表が緊張の初戦を4-0大勝
1得点2アシストのMF楢原慶輝(鳥栖U-15、左)が森山佳郎監督とがっちり握手

[9.18 AFC U-16選手権予選第1節 U-15日本代表 4-0 U-15ラオス代表 ラオス]

 18日、AFC U-16選手権2020予選グループJ(ラオス)が開幕し、U-15日本代表は初戦で地元・ラオスと対戦。FW鈴木大翔(ガンバ大阪ジュニアユース)の2得点などで4-0の大勝スタートとなった。

 この日の先発はGK宮本流維(名古屋グランパスU-18)、DFが右から鈴木吏玖(JFAアカデミー福島U15)、池谷銀姿郎(横浜FCジュニアユース)、田代紘(ヴィッセル神戸U-15)、植田悠太(京都サンガF.C.U-15)、中盤の中央に坂井駿也(ソレッソ熊本)、福井太智(サガン鳥栖U-15)、両サイドに楢原慶輝(鳥栖U-15)、山崎太新(横浜FCユース)、そして前線には南野遥海と鈴木大のG大阪ジュニアユースコンビが並んだ。

 試合前日、森山佳郎監督は「初めての公式戦なので、たぶん緊張する選手が出てしまうと思う」と懸念していたが、その不安は的中する。「普段は緊張しないタイプなんですけど、入場のときから緊張してしまった」と山崎が苦笑を浮かべて振り返ったように、明らかに動きの悪い選手が目立つ立ち上がりに。

「まずこちらのペースに持っていくつもりが、最初の15分は相手にやりたいことをやられてしまった」(森山監督)

 緊張があることを含めて織り込み済みの流れだったとはいえ、ロングボールからのこぼれ球を拾われ続け、不用意なファウルからFKを与えるなど、序盤は明らかな劣勢となってしまう。内容的には「自分たちのほうがボールを持てると思っていたが、最初の15分は相手のほうに勢いがあった」と楢原は率直に振り返ったとおりだった。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ゲキサカの記事をもっと見る 2019年9月18日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら