9人目まで全員成功…広島との死闘制した大分が天皇杯8強入り

9人目まで全員成功…広島との死闘制した大分が天皇杯8強入り
9人目まで全員成功…広島との死闘制した大分が天皇杯8強入り

[9.18 天皇杯ラウンド16 広島1-1(PK9-10)大分 Eスタ]

 天皇杯JFA第99回全日本サッカー選手権のラウンド16が18日に行われ、エディオンスタジアム広島ではサンフレッチェ広島大分トリニータが対戦。前半34分にFW伊藤涼太郎の得点で大分が先制するも、後半35分にMFハイネルのゴールで広島が追い付く。1-1のまま延長戦も終えると、PK戦を10-9で制した大分が準々決勝進出を決めた。

 広島は14日のJ1第26節横浜FM戦(●0-3)から先発4人を入れ替え、MF柴崎晃誠、MF松本泰志、MF森島司、MFエミル・サロモンソンらを先発起用。一方の大分はJ1第26節湘南戦(○2-1)から先発7人を入れ替え、伊藤、FW小塚和季、MF長谷川雄志、MF高山薫、MF小手川宏基、MF星雄次、DF丸谷拓也らがスターティングメンバ―に名を連ねた。

 前半24分に小塚とのワンツーで中央を突破した伊藤のシュートは好反応を見せたGK大迫敬介に阻まれてしまったが、同34分に大分が試合を動かす。右サイドから小塚が送ったサイドチェンジに走り込んだ星の折り返しは中途半端になったものの、ボールを処理しようとしたサロモンソンにFWオナイウ阿道がプレッシャーをかけてミスを誘う。ゴール前でこぼれ球に反応した伊藤が巧みなトラップで相手マーカーをかわし、右足のシュートでネットを揺らしてスコアを1-0とした。

 1-0と大分がリードしたまま後半を迎えると、広島はサロモンソンに代えてMFハイネルをピッチへと送り込む。1点のビハインドを背負う広島が攻勢を強めるが、大分が体を張った粘り強い守備で簡単には決定機を作らせない。後半17分には松本のシュートのこぼれ球に走り込んだハイネルがPA外から強烈なミドルシュートを放ったものの、クロスバーを叩いて同点ゴールとはならず。すると同18分に広島ベンチが動き、FW

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. サンフレッチェ広島 移籍
ゲキサカの記事をもっと見る 2019年9月18日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「サンフレッチェ広島 + 移籍」のおすすめ記事

「サンフレッチェ広島 + 移籍」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「G大阪」のニュース

次に読みたい関連記事「G大阪」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ガンバ大阪」のニュース

次に読みたい関連記事「ガンバ大阪」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。