ACL連覇逃した鹿島、五輪世代コンビを次々起用も…「結果を出せなかったのが実力」

ACL連覇逃した鹿島、五輪世代コンビを次々起用も…「結果を出せなかったのが実力」
鹿島アントラーズMF相馬勇紀、FW上田綺世(写真左から)

[9.18 ACL準々決勝第2戦 鹿島1-1広州恒大 カシマ]

 このままでは敗退が決まる後半20分すぎ、鹿島アントラーズ大岩剛監督が次々に送り出したのは今夏加入したばかりの東京五輪世代の選手たちだった。しかし、大きな期待を背負いながらもゴールを奪うことはできず、それぞれに悔しさを語った。

 まずは1-1で迎えた後半24分、左サイドハーフにMF相馬勇紀が投入された。開幕前に早稲田大から名古屋に入団し、夏に期限付き移籍で鹿島にやってきた22歳。初のACLだったが投入直後から得意のドリブル突破を見せ、猛攻の先陣を切った。

 そして後半27分、FW上田綺世もピッチに送り込まれた。法政大サッカー部を退部し、プロ入りの道を選んだ21歳。すでにリーグ戦では3得点を決めており、大岩監督からは「点を決めて来いというシンプルな指示」(上田)を受けてフィールドに立った。

 ベンチにはピッチ上の司令塔的や役割も期待できるDF内田篤人に加え、高い推進力を持つDF小池裕太やFW山口一真も入っていた。そんな中での抜擢。MF三竿健斗とMF白崎凌兵が直前の試合で負傷していた影響もあったとはいえ、指揮官の選択は2人にかかる期待がこもっていた。

 しかし、最後まで勝ち越しのゴールは生まれなかった。相馬は左サイドを何度も切り裂き、股抜きドリブルでスタジアムを沸かせるシーンもあったが、クロスやシュートが不発。上田はセルジーニョからの決定的なクロスに力強く頭を振ったが、うまくミートできずにシュート0に終わった。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 鹿島アントラーズ Instagram
  2. 鹿島アントラーズ 内田篤人
  3. 鹿島アントラーズ 小笠原満男
ゲキサカの記事をもっと見る 2019年9月19日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「鹿島アントラーズ + 移籍」のおすすめ記事

「鹿島アントラーズ + 移籍」のおすすめ記事をもっと見る

「鹿島アントラーズ + 内田篤人」のおすすめ記事

「鹿島アントラーズ + 内田篤人」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「川崎フロンターレ」のニュース

次に読みたい関連記事「川崎フロンターレ」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら