“グッドルーザー”法政大、ただ欲しかったのは労いの言葉より結果…「評価は勝つことでしか得られない」

“グッドルーザー”法政大、ただ欲しかったのは労いの言葉より結果…「評価は勝つことでしか得られない」
法政大は惜しくも16強で姿を消すことになった

[9.18 天皇杯4回戦 甲府2-1(延長)法政大 中銀スタ]

 東京ヴェルディガンバ大阪を連破してきたからといって、決して慢心があったわけではない。ただ隙をみせてしまった。法政大は延長後半3分、相手FKに対して注意力が散漫となったことで守備が後手に回ってしまう。FKを蹴ったDF山本英臣も法大の選手の集中力が切れていると感じたと振り返る場面。MF森俊貴(4年=栃木ユース)は「そこがプロとアマチュアの選手の違いなのかな」と悔しさを噛みしめる。
“グッドルーザー”法政大、ただ欲しかったのは労いの言葉より結果…「評価は勝つことでしか得られない」
“グッドルーザー”法政大、ただ欲しかったのは労いの言葉より結果…「評価は勝つことでしか得られない」
甲府守備陣を翻弄したMF紺野和也
 MF紺野和也(4年=武南高/FC東京内定)は試合序盤からJクラブ相手にも全く引けを取らない、むしろ翻ろうするようなプレーを見せていた。右サイドから中央にドリブルで切り込んだかと思えば、絶妙なスルーパスで決定機を演出。後半33分の同点弾の場面では、森の頭にピタリと合わせるクロスでアシストを記録した。

 試合後、引き上げてきたベンチで一番最後まで立ち上がれなかったのが紺野だった。「モチベーションは凄く高かった」。気持ちの切り替えが難しいとも話すが、週末には関東リーグの試合もやってくる。現在7位とインカレ出場圏外にいるだけに、「去年の(インカレ)決勝で先輩のレレ(ディサロ燦シルヴァーノ)が決めてくれて、(天皇杯に)自分たちが出られるようになった。自分たちも後輩にいい置き土産がしたい」と気持ちを奮い起こす。
“グッドルーザー”法政大、ただ欲しかったのは労いの言葉より結果…「評価は勝つことでしか得られない」
“グッドルーザー”法政大、ただ欲しかったのは労いの言葉より結果…「評価は勝つことでしか得られない」
試合後、しばらく立ち上がることができなかったDF

あわせて読みたい

気になるキーワード

ゲキサカの記事をもっと見る 2019年9月19日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「松本山雅FC」のニュース

次に読みたい関連記事「松本山雅FC」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「サガン鳥栖」のニュース

次に読みたい関連記事「サガン鳥栖」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「アルビレックス新潟」のニュース

次に読みたい関連記事「アルビレックス新潟」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら