[AFC U-16選手権予選]U-15日本代表は「ノルマ達成」の8-0快勝!2連勝で最終戦へ

[AFC U-16選手権予選]U-15日本代表は「ノルマ達成」の8-0快勝!2連勝で最終戦へ
U-15日本代表はノルマ達成の「8-0」快勝

[9.20 AFC U-16選手権予選第2節 U-15日本代表 8-0 U-15カンボジア代表 ラオス]

 20日、AFC U-16選手権2020予選グループJの第2戦がラオスのビエンチャンの国立競技場で開催され、U-15日本代表はU-15カンボジア代表と対戦。FW森本空斗(サンフレッチェ広島ユース)のハットトリックなどで8-0の大勝を飾った。

 この日の先発は第1戦から9名を入れ替え、GK佐賀鉄生(JFAアカデミー福島U15)、DFが右から鈴木吏玖(JFAアカデミー福島U15)、藤田崇弘(セレッソ大阪U-15)、東廉太(高川学園中)、溝口修平(鹿島アントラーズユース)、中盤の中央に大迫塁(神村学園中)、福井太智(サガン鳥栖U-15)、両サイドに逢坂スィナ(柏レイソルU-15)、北野颯太(セレッソ大阪U-15)、そして前線には森本と内藤大和(ヴァンフォーレ甲府U-15)が入った。

 第1戦でマレーシアがカンボジアを7-0の大差で破っていたため、この試合についての目標は明確だった。目指したのは「最終戦でマレーシアとやるので、いかに(得失点差の)アドバンテージを取れるか」(北野)ということ。「試合前のロッカールームでもみんなで『絶対に8点取って勝とう!』という話をしてから入場した」(逢坂)。

 また、この日初先発となったメンバーには第1戦の先発から外れた悔しさもある。「率直に悔しかった」(北野)という思い、そして「良いプレーをして、第3戦では先発で出る」(大迫)という目的意識を持ってピッチに立った。競争心と闘争心をかき立てられながらの一戦である。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ゲキサカの記事をもっと見る 2019年9月20日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら