ブラサカ日本代表の史上最年少ゴールがかかる16歳の園部「他の選手の役に立ちたい」

ブラサカ日本代表の史上最年少ゴールがかかる16歳の園部「他の選手の役に立ちたい」
園部優月(右端)のPKが決まった瞬間。GKは佐藤大介

 視覚障がい者がプレーするブラインドサッカーの日本代表合宿が23日、アジア選手権前最後の合宿を打ち上げた。今回の日本代表の最年少、高校1年生の16歳、園部優月は最後のPK練習で他の選手がなかなか決められない中、左のポストに当ててネットを揺らす技ありゴール。日本代表の正GK佐藤大介が完全に反応していてもなお、触れることが出来ない技ありゴールを決めた瞬間、両手をつきあげて喜びを爆発させた。

「(直前に行われた)紅白戦で、ボールを持ったけどすぐにとられたり、自分の中で全然できなかったな、というのがあったのでストレスが溜まってきていて……。全部気持ち込めて(足を)振ったら(ゴールに)入ったのでめっちゃ嬉しかった」

 9月1日に16歳になったばかりの園部が、もし9月30日開幕のアジア選手権のピッチに立てれば、中学3年生で2006年の世界選手権のピッチに立った同じクラブの先輩、鳥居健人(現・free bird mejirodai)に次いで2番目の若さ、ゴールすれば最年少ゴールとなる。8月末のイングランド遠征では2試合に出て、ピッチに立てたのは計10分ほど。ましてや、東京五輪にむけた出場権がかかる公式戦となれば、出場チャンスは余計に限定されるに違いない。そんな状況を理解している園部はこう明かす。
ブラサカ日本代表の史上最年少ゴールがかかる16歳の園部「他の選手の役に立ちたい」
ブラサカ日本代表の史上最年少ゴールがかかる16歳の園部「他の選手の役に立ちたい」

「僕が出られれば、高い位置(前線)でボールを受けることが多いと思うんですけど、ドリブルして相手をかわしてシュートをしたい。ディフェンスではコースを出来る限り絞って、それぞれの選手の役に立てたらいいと思います。この合宿で、自分の中ではPKが蹴れるようになってきた。どこかのタイミングで出せたらいいと思います」

あわせて読みたい

気になるキーワード

ゲキサカの記事をもっと見る 2019年9月24日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら