監督交代の名古屋、連敗を3でストップ…広島に先制許すも前田弾でドロー

監督交代の名古屋、連敗を3でストップ…広島に先制許すも前田弾でドロー
同点ゴールを奪った名古屋グランパスMF前田直輝(写真は9月4日のもの)

[9.28 J1第27節 広島1-1名古屋 Eスタ]

 J1は28日に第28節を開催し、エディオンスタジアム広島では5位のサンフレッチェ広島(12勝7分7敗)と11位の名古屋グランパス(8勝7分11敗)が対戦。前半33分にDF野上結貴の得点で広島が先制するも、同44分にMF前田直輝が決めて名古屋が追い付き、1-1で引き分けた。マッシモ・フィッカデンティ監督体制初陣となった名古屋は連敗を3でストップさせた。

 前節の横浜FM戦(●0-3)で12試合ぶりの黒星を喫した広島は同試合から先発1人を入れ替え、MF森島司らを先発起用。一方、3連敗中で23日に風間八宏監督の解任、フィッカデンティ氏の新監督就任を発表した名古屋は、前節清水戦(●2-3)から先発3人を入れ替え、前田、MF米本拓司、DF太田宏介らがスターティングメンバ―に名を連ねた。

 スコアレスで試合が進む中、前半28分に広島がゴールを脅かす。野上が打ち込んだ縦パスを、PA前で受けたMF川辺駿が右足の強烈なシュートを放ったものの、クロスバーを叩いて先制点を奪うには至らず。しかし同33分、森島が蹴り出したCKから完全にフリーになった野上がヘディングで叩き込み、広島が先制に成功した。

 1点のビハインドを背負った名古屋だが、前半44分に同点に追い付く。右サイドのスローインからボールをつなぐと、FWジョーのパスをPA内で受けた前田がトラップでマークについていた野上を外すと、冷静に右足で流し込んで試合を振り出しに戻した。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. サンフレッチェ広島 移籍
ゲキサカの記事をもっと見る 2019年9月28日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「サンフレッチェ広島 + 移籍」のおすすめ記事

「サンフレッチェ広島 + 移籍」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「G大阪」のニュース

次に読みたい関連記事「G大阪」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ガンバ大阪」のニュース

次に読みたい関連記事「ガンバ大阪」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。